分割買いは必須

分割売買のすすめ

株取引実践記3 分割売買

前回の記事

「当て屋」だった私

株をはじめた当初、私は5000株を買うとするなら、 「ここぞ!」と思った価格で、5000株いっぺんに買っていました。

その結果、ソニー株で大損をしてしまうという大失敗を経験しました。

言うなれば、株をはじめた当初の私は、 「一度に株を購入して、あとは運任せ」 という、典型的な「当て屋」だったわけです。

当て屋の取引で大損した私は、立花氏の本を読んで、分割売買をすることにしました。

なぜ分割売買か

分割売買とは、例えば3000株買うとしたら、 まずは試しの1000株を買い、 値が下がれば買い増しの1000株を買い、 さらに値が下がればまた1000株を買うというやり方です。

いっぺんに買うか、分けて買うか、 それだけの些細な違いのように感じるかもしれませんが、 分割売買には、様々なメリットがあります。

@1度失敗しても大丈夫

例えば、350円の株が、3日後に330円になったとします。 もし、350円の時点で3000株購入していたら、 330円になった時点で、6万円の損です。

しかし、350円で1000株、330円で1000株と 分割売買をしていた場合は、平均値が340円となり 2万円の損になります。

この時点でまだ2000株なので、もし320円まで下がった時に 残りの1000株を買ったとしたら、平均は333円となります。

350円で3000株買った場合と、 分割売買で3000株買った場合の差は、 51000円も開いてしまうのです。

たとえ最初の350円を買って、 「高値をつかまされた!失敗だ〜!」と思っても、 残り2回買い下がることで平均値が下がり、最初の失敗は帳消しになるのです。 分割売買をすることで、1度や2度のヘマは許されるのです。

A下がれば下がるほど良い

あまり下がっても嫌ですが。

「当て屋」にとっての値下がりは最悪で、食事も喉を通らない事態でしょう。 「神様!どうか株価を上げてください!」と祈る日々です。 (信用取引で2階建しているなら特に)

これに対し、分割売買をする人にとって値下がりとは、 下がれば平均値を下げることができるので、 「買い増しのチャンスが来た」という認識なのです。

上がれば嬉しいけど、下がっても嬉しい これは分割売買ならではの感覚でしょう。 分割売買することで、自分が納得のいく価格まで気長に待つことができるのです。

Bなにより気分が楽

@、Aから分かるように、分割売買をすると、 上がれば売るチャンス、下がれば買い増しのチャンス という風に、上がっても下がってもチャンスが来ることになります。

実際にやった人にしか分からないでしょうが、 この状態は心理的に「非常に楽」なのです。

株価がどうなっているか胃が痛くなり、気が気でなく、 一日中パソコンに張り付き、恐る恐る株価をチェックする… などということとも、無縁になります。

分割売買のやり方

実際の分割売買のやり方を書いていきます。 ここでは、買いから入るパターンで説明します。 ちなみに、私の買いパターンは、 全て逆張り(値段が下がったら買う)です。

@.試し玉: 「株価が下がってきたな」と感じたら、まずは試し玉を入れます。 試し玉は、銘柄の最低単位、1000株もしくは100株にしましょう。

A.買い増し: 試し玉を入れた後、さらに値が下がったら、 それに合わせて買い増し、買い下がっていきます。

買い増しのやり方なのですが、 1−1−1、2−2−2という等分割と、 1−2−3、1−3−5という不等分割があります。

さらに、 1−2−3−4という4等分割、 1−1−1−3−5といった5等分割もあります。

この辺は、自分の懐具合や感性と相談して、 自分なりのやり方を構築してください。

「試し玉を入れた後、株価が下がらずに上がったらどうすんの?」 と思われるかもしれませんが、 そういう場合は買いません。 買わないのも1つの技術であることを、肝に銘じておいてください。

売る時は?

売る場合は、一括で売っても、分けて売っても、 損をしていなければ、どちらでも良いと思います。 値が下がりすぎて「ヤバいな・・・」と感じたら 少しずつ売って、総玉を減らしていきましょう。

他のことは守らなくてもいいけど、「決めた限度額内でやる」と 「分割売買」だけは守った方が良いゾin2015

5年経っても私が生き残っているのはその2つを守っているから。

次回に続く>>

関連記事

お金とかに関する記事 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>