財布の値段と年収の関係

財布と年収

徹底検証!「財布の値段×200=年収」

前回、「ツキを呼ぶ魔法の言葉」の徹底検証を行い、 絶大な効果を上げることが証明されました。

今回は、「魔法の言葉」と同じくらい気になっていた、「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」という本に書いてある 財布の値段×200=年収 の法則について検証してみることにしました。

検証方法

方法は至って簡単です。

@高い財布を買う
A年収が財布の値段の200倍になるかどうか検証する
これだけです。

で、検証に使用する財布ですが、 わざわざ銀座で買いましたヴィトンの財布。

ルイヴィトンの財布6万円
買ったぜ。

ルイヴィトンのタイガ
ルイヴィトンの領収書

この財布は税抜で64,000円でした。

なので、私の年収は 64,000 × 200 = 12,800,000円 となるわけです。

現在のの私の年収は700万円くらいですが、 これが1年以内に12,800,000円になれば、 「財布の値段×200=年収」の法則は正しかった、ということにします。

1年以内に年収1200万円にならなければ、 「財布の値段×200=年収」なんてインチキだった、ということにします。

さて、どうなることでしょうか。

<追記1>

以前は銀座で6万円の買い物をするとなると、心臓がバクバクして 脂汗をかいていたものですが、今はスーパーで買い物するのと さほど変わらない感じになりました。

おそらく「高い買い物するとお金が大幅に減って怖い」なんていう 誤った思い込みが無くなったからでしょう。

(参考:セルフイメージを変える方法>>

<追記2>

高い財布を選ぶのに苦労しました。 最終的にカルティエのカボションか、ヴィトンのタイガかで迷ったのですが、 丈夫そうだったのでヴィトンのタイガにしました。 (カルティエの人もヴィトンの方が丈夫だと言ってた)

早速札を入れたりカードを入れてみたのですが、 きつくてカードが中々入らないのです。

「不良品か!?」と思ったのですが、ネットで調べてみたら、 最初はきつくて、段々と出し入れしやすくなってくるそう。

しかも、ヴィトンの財布のカードを入れるところは、 何年使用していても、財布を振りまわしてもカードが抜けないように 設計されているそうです。

はえ〜…

1年後の結果に続く>>

関連記事

お金とかに関する記事 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>