アベノミクスと株価

株価が高い

最近の株取引について

最近(2013年頃の話)、アベノミクスの影響により株価が上昇したおかげで 「誰でもできる株取引」とかいう内容のカラフルな本が書店に多く並ぶようになりました。

「買わなきゃソン!」「今が買いどき!!」などと煽りまくっています。

それを見るたびに「ああ、またカモられる人が増えるのか」と、同情の涙を禁じえません。

低値の時に買占め、個人(専業主婦とかのカモ)に 買わせることによって株価を吊り上げさせ、 高値になったらドバっと売り逃げるといういつものパターン…

ライブドアショックの時の悲劇が、また繰り返されるわけです。

株の買いどきなんて、景気の悪い底値の時が一番に決まってるし、 上がったから買いどきなんて理論は、私はまったく理解できません。

むしろ、急上昇している今こそ、手を出さないか、 慎重な売買を心がけるべきではないでしょうか。

なんて書いていたら、急降下したせいで大損こいた人が 結構いるみたいじゃないですか!やめてくださいよホントに!

今こそ自分なりの売買を

こういう周りが浮かれている時こそ、自分なりの「死なない」売買を 確立する絶好のチャンスだと思います。

現在の私なりの売買は…

@波が高いときは手を出さない。

A手を出すときは最小単位の1000株のみ。 (最小単位だと株が紙切れになっても被害額は数十万円)

B買い増しはせず、10円上がったら成行で即売却。

こういうセコい売買をしていると、1回の利益は1万から2万円程度です。 数千円しか利益がでない場合もあります。

「5000株くらい買っていればよかったのに」とか 「もう少し粘ってたら利益が倍になったのに」と思うこともありますが、 「死なない」ことが最優先事項なので、これでOKなのです。

ただ、そんなセコい売買でも数を重ねると、 1ヵ月で10万円くらいの利益が出ます。 小遣い稼ぎには十分だと思うのですが、いかがでしょうか。

この記事を見ている賢明な皆さんも、 マスコミや競馬の予想屋にも劣るトレーダーの言葉などに踊らされず、 是非とも「死なない」売買を心がけてください。

関連記事

お金とかに関する記事 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>