バフェット式取引で金持ちになるか

バフェット流の取引

実践!バフェット流株取引で大金持ち!

私が株をはじめてから2年以上が経ちました。

200万円という少額を投入して、現物のみでチマチマやってまいりましたが、 手法がスイングトレードのみなので、株価の上下に一喜一憂することが多く いささか疲れてまいりました。

(ソニーで大損こいた頃に比べれば、一喜一憂の度合いも薄れてきたのですが… まだエゴが残っているということ)

「何かゆっくりできる良い方法はないものか」と探していたところ、 ウォーレンバフェットという、ハンバーガーとチェリーコークが大好きな 変な大金持ちがいることを思い出し、 彼の手法を真似てみようということになりました。

ただし、長ったらしい本は読む気がしませんでしたので、 私が読んだ本はこの漫画の自伝みたいなのと新書版の概要書の2冊だけ。

取引概要

ググったり本を読めば書いてあるので、 今更ここに書く必要はないと思いますが、簡単に書くと

良い会社を選んで、割安株を長期ホールド

これだけです。

「良い会社」の特徴というのは、 @自分が理解できる会社、 A財務諸表(特にPBR、ROE)から将来有望という長期見通しがもてる会社、 B誠実で有能な人が経営している会社、 C特権(フランチャイズ)企業etc.....

こんな感じです。

こういう良い会社の株が、本来の価値よりも安いと感じたら買い、 T.5年はホールドするつもりで、 U.半値になっても不安から手放したりせず、 V.ひたすら忍耐と自制心のみで、 その株を持ち続けるみたいです。

要するに、テクニカルでなくファンダメンタルな 取引をしようということです。

考えてみれば、↑のメニューバーにある 「ファンダメンタルな勉強」「テクニカルな勉強」というのは 株取引から引用したものでした。(リニューアル前の話)

その割りに実際の株取引はテクニカルばかりやっていたので、 丁度良い頃合ではないでしょうか。 これなら毎日株をチェックしなくて済みそうなので 5年は無理でも1年はホールドするつもりでやってみます。

何とも生兵法でありますが、 バフェットの取引手段についていくら調べたところで 実際に取引しなきゃ彼のように金持ちになれるわけでもないし、 実践こそが学びの極意であるので、ちょっとやってみて 結果は1年後くらいに発表いたします。

もちろん、上手くいったら神様仏様バフェット様で、 上手くいかなかったらバカヤローと叫びます。

※ちなみに投入資金は増加させずそのままなので、オケラになっても 200万円損しただけとなります。 あと、PBR=ROE×PERだったと思います。多分!

<追記>
バカヤローという結果になりました!!!!詳細は別の記事で。

関連記事

お金とかに関する記事 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>