貧困スパイラルからの脱出

貧困と低学歴

負の連鎖を断ち切る 我が家の場合

私の両親は共に高卒で、大した学力も知性もなく、 現代風にいえば、郊外のショッピングモールにいるような、 取るに足らないオッサンオバサンだったのですが、 その子供である私は東大を卒業し、年収900万円程度の サラリーマンになって、そこそこの暮らしをしております。

高卒同士を掛け合わせたら東大卒エリート(笑)が出てくるなんて、 一体これはどういうことだと言われることが度々あり、 そして今回、子供時代のことを色々と思い出してみて、 思い当たるフシを書いてまいります。

高学歴かつ小金持ちになっても、必ずしも幸福ではない ということは、私自身も実感として分かっておりますが、 やっぱり高学歴の方が収入も多いのが現代の日本なので、

低学歴低収入の、負の連鎖を断ち切りたい方、 「わが子に親と同じ思いをさせたくない」とか 「低学歴、貧乏スパイラルから脱出したい」という方のヒントにでもなれば幸いです。

以前の記事と重複する箇所もありますが、 まとめだと思ってください。

教育に投資する

父は頭は悪いのですが、昔でいうモーレツ社員、 今でいうブラック企業の従業員みたいなところがあり、 かなり働いていて、給与も結構多かったです。

そのため我が家は頭が悪い家庭の割に、そこそこの金持ちで、 私も地元の金持ちが行く国立の附属小学校に通っておりました。 学校自体は嫌いでしたが、その辺の公立に行くよりも 何十倍も恵まれていたんだと、今では思います。

※当時はそれが「当たり前」だと思っていたので、 まさか下があるとは知らなかった。

「孟母三遷」の言葉通り、子供の知性や成長には 周囲の影響が大いに関係ありますので、 負の連鎖を断ち切りたい、子供を真っ当な人間にしたいと考える人は、 ジャンジャンお金を稼ぎ、他の出費を抑えてでも 子供を良い学校に行かせるのが、一番効果的ではないでしょうか。

こんなこと、真っ当な家庭なら当たり前に考えて 実践していることなのですが、 貧乏で頭の悪い家庭というのは、こんな考えすら思いつかず 手に入れた端金でローンを組んで(!)車やブランド品を購入したり パチン○スになったりして首が回らなくなっているのが現状です。

だからこそ、金持ち家庭はより金持ちに、 貧乏家庭はより貧乏になるのでしょう。

ギャンブルをやらない

うちの両親は頭が悪いのにギャンブルが嫌いでした。 特にパチンコが大嫌いで、パチンコ屋の前を通るたびに、 「あんな所へ行く人間にはなるな」と私に言っておりました。

お陰で私もそのようになってしまい、パチンコ屋には行かないし 競馬競輪なども殆どやらないし、株もなくなってもいい数百万円で 現物のみという堅実ぶりです。

頭が悪くて状況判断できない人間は、どうしてもギャンブルや 宝くじやインチキビジネスやらで安易に一発逆転を狙おうとしますが、 両親は頭が悪いなりに考え 「時間はかかっても子供に良い教育を受けさせ真っ当な人間にする」 という堅実な方法を選択したのでした。 そして、その堅実な方法こそが、逆転への一番の近道だったのです。

テレビを見せない

うちの両親は頭が悪いくせに趣味は高尚で、 よく美術館なんかに絵を見に行かされておりました。

その反面、テレビはあまり見せてもらえず、 見るとしたら映画や野球や世界紀行といった番組でした。 (たけし城や加トケンとかは見てたけど)

ニートになってからは1日中テレビを垂れ流していたことも あったのですが、その時ニートながらに思っていたのが 「なんでこんなに下らない番組ばかりなんだろう」 ということでした。

今考えてみると両親の判断は正しく、もし私が 周りの影響をモロに受ける子供の頃から、テレビ( メインターゲットの知能年齢が10〜14歳程度)の情報に 常に曝されていたならば、

テレビの下らない情報を鵜呑みにしたり、 ごく少数の人間が作成した意見や価値観が あたかも大多数の意見や価値観であるかのように錯覚したりと、 人の意見に流されるただのマヌケになっていて、 東大合格すらありえなかったでしょう。

もしいまだにテレビを台所などで垂れ流している家庭があれば、 今すぐ止めることをお勧めいたします。

ジャンクフードを食べさせない

以前書いたとおり、私の家ではカップ麺などのインスタント食品を めったに食べさせてもらえず、またファミレス等にも連れて行って もらえませんでした。

おかげで、カップ麺などのインスタント食品やジャンクフードが 御馳走だと思うようになったのですが、体はそこそこ丈夫になり 今まで大病などもしたことありません。 食べ物が頭の働きに影響するとは私的にはあまり思えませんが、 我が家の特徴としてはこんなものもありました。

頭が悪くても

というわけで、思い出したことを色々書いてまいりました。

「うちの両親は頭が悪い」としつこく何度も書きましたが、 私が言いたいのは、たとえ親の頭が悪くても低学歴でも、 子供を真っ当な人間に育てようと決意して実際真っ当に育てれば 子供はそこそこ真っ当に育ってしまうということです。 (自分で「真っ当な人間」とか言うなよ)

良い教育というのは別に医者等の金持ち家庭だけのものではなく、 出費をやりくりして教育に投資すれば、親の頭が悪くとも 大体何とでもなってしまうのです。

ただ、某芸能人みたいに金はあるが親のモラルが無いとNGで、 投資に加えて親自身の真っ当な生き方が必要になります。

私の場合、親の締め付けが強すぎた反動で、 高校時代に失速し、その後何年かニートをやっておりましたが、 幼い頃からの知能の程度はそのままだったため、 1年で東大に合格することができました。

締め付け具合や手段は家庭によりけりでしょうが、 親が中卒や高卒でも、襟を正して真っ当な生き方をし、 子供を真っ当に育てれば、トビがタカを産むという現象は 大いに起きてしまうことだと私は考えております。

要は

  • @教育に金かけろ(バレエとかバイオリンとか下らん趣味でなく知性を磨く教育)
  • A親自身が真っ当な生き方をしろ
  • Bテレビの下らない情報から子供を守れ (下らない情報といっても単にエ口グロなどではなくむしろエ口グロを規制しようとする ババア団体の方がよっぽど下らなく有害に思えるが、それはまた別の話)
  • Cそして少しの寛容性

ということです。

最後に、ここまで書いて思うことは、この記事を読んで何かを得てくださる方は、 既にそこそこの家庭の方々かそれ以上の方々でしょう。

それより下の人たち、本当にこういう情報が必要な人たち、 『ウシジマくん』にでも出てくるような人たちは、 そもそもの意味を汲み取れなかったり、腹を立てたり言い訳に終始したりして、 相変わらず負の連鎖を維持していくのだろうなぁということです。

気が向いたら、今度は私自身の 幼稚園あたりからの習性について書いてまいります。

<追記>
こんなことを書くと、私の両親はさぞかし立派だったのだろうと 勘違いする人がいると思いますが、親の悪いところを書こうとすれば、 他の家庭のようにいくらでも書けます。 ただ両親は教育に関しては何故か真面目で、子供も何故かその通りに 成長したということです。

あと「俺の親は悪かった」なんて親を怨む人がいるかもしれませんが、 私も親を怨もうと思えばいくらでも怨めますので、よっぽどのことがない限り 自分の人生を親のせいにするのはやめましょう。

関連記事

お金とかに関する記事 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>