電子書籍と化したタブレット

タブレットの性能

タブレットを持って変わったこと2

前回の記事

飽きた

スマホに憧れ、ちょっと使ってみたいからという理由で スマホの代わりに代わりにタブレットを買ったは良いのですが、 買って一週間もしないうちに飽きました。

PCに比べて画面が極端に小さいので見づらく、 キーボードやマウスが無いので使い辛いことこの上なしで 「もしかしてこれって、劣化版ノートPCじゃね?」 と思うようになり、段々と使う頻度が減って、 使うのはドライブ等で外出するときだけという有様に なってしまったのです。

しかもバッテリーの減りが凄くて一日も持たず、 つくづくスマホにしなくて良かったと考えておりました。

ニューアース再び

そんなわけでダウンロードするアプリもあまり無く、 台所のまな板にもなりゃしないと思っていたのですが、 デフォルトで入っていたebooksという電子書籍のアプリで、 タダ券が2000円分くらいついていたのを思い出しました。

電子書籍でエ口本というのもいかがなものかと思い、 適当に探していたら、何とニューアースがあるではありませんか! (参考:ニューアースについての記事

結局、ニューアースをタダ券で購入したのですが、 内容は紙の書籍と同じでした(当たり前か)。

ざっと読んで感じた電子書籍のメリットデメリットとしては…

メリット

・本が勝手にバタンと閉じない: これは凄い、本を開きっぱなしにしていると、勝手に閉じるのが 鬱陶しくて仕方なかったけど、電子書籍だとそんなことはありません。

・薄暗い中でも読める:これも良い。紙の書籍だと暗いと読めない。

・持ち運びが楽:本を何冊も持ったらかさばるけど、電子書籍はタブレット一枚でOK。

デメリット

・付箋が貼れない:ダメだこりゃ。本に書き込みもできない。

・電池が切れたらオシマイ:せめてバッテリー寿命を長くして。

・自由にページがめくれない。めくるスピードが遅い: 機械が人間様のスピードについてこれていない。

こんな感じです。

付箋が貼れないのは痛いですが、 本が勝手に閉じないのと持ち運び楽なのが大きく、 電車の中で読んだり、読みながらメモすることが格段に楽になりました。

ニューアースとタブレット

こんな感じで何十枚もメモしていきます。そのメモを編集したものが このサイトというわけです。今まで何百枚何千枚と書いてまいりましたが、 別に誰に言われたわけでもない、何か衝動に突き動かされて書き続けてまいりました。

白状させてもらうと、ニートだった私が1年で東大に合格できた 最大の秘密は、この腕がおかしくなる程書着続ける能力だと思います。 それももう、10年以上前の話ですが。

そんなわけで、 ニューアース専用となってしまったタブレットですが、 おすすめのアプリあったら教えてください。

<追記>
本当はLINEとか充実させて、オフで即ハメなことも やってみたかったといえばやってみたかったのですが… 結局行きつく先はこうなってしまいました…

ちなみに「オフで即ハメ」とか書いておきながら、 実際にLINEで卑猥なメッセージがくると即通報しているという矛盾もあります。

関連記事

お金とかに関する記事 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>