全部おまかせ

引き寄せ復習その4

引き寄せの基本その4 放っておくことの威力

前回の記事

今回は、私的には重要だと思っている「放っておく」について。

何か叶えたい願望や目標があるとして、それを実現するためにはどうすれば良いか、 どんな行動をとれば実現するのか、といったことを考える人多いと思いますが、

「そういうのは全部放っておけば好転する」というのが今回のネタ。

自分で何かやる=エゴ

何でこんなことを書くのかというと、 「自分で考えを捻り出して 自分で行動しないと状況は好転しないという思い込みは、 非常に効率が悪く苦しいだけ」 というのが主な理由。

私の人生を振り返ってみて、「自分で何かをしなきゃいけない」 と思い込んでいた時は、大抵苦しいだけで何の成果も得られませんでした。

「充実した学生生活を送らなきゃいけない」とかいって 部活やサークル活動に嫌々参加したり、 ブラック企業で「仕事を好きにならなきゃいけない」とかいって 下らないビジネス本とかを読んでいたとき等などは、 苦しみがさらなる苦しみを呼んでいた感じがして、 結局耐え切れずオジャンになりました。

放っておく=宇宙とつながる

逆に、自分の足りない脳ミソで考えた義務を自分自身に課し、 「努力すれば道は開ける」なんて思いながら「努力」とやらをしてみても 何も得られないことに気付き、

「もう俺は知らん」と、問題、悩み事、手段、結果を放り投げて適当にやっていると、 色々と上手くいき、最終的にはブラック企業から脱出できたことは、 今まで書いてきた通りです。

「執着を手放すと宇宙が力を貸してくれる」 「エゴを手放すと大いなる存在があなたの身体を通して発現する」 などと、引き寄せ系とかには色々書いてありますが、 そんな難しいことは考えなくても良く、

「適当にやってりゃ人生開ける、楽な道を選ぶと楽な結果になる」 そう思い込めればしめたもの、ということです。

そもそも、あなたが人生でやらなきゃいけないことなんて、 息をすること、寝ること、食べること、糞と小便を漏らすこと、 せいぜいこれくらいのもので、それ以外のことは適当に放っておけば良いのです。

「そんな馬鹿な」と思われるかもしれませんが、 それに気付いて全部放り投げた瞬間から 「ひらめき」のようなものがあなたの中に走るようになり、 状態を好転させるための行動を、 息したり寝たり漏らしたりするのと同じくらい、 自然にとるようになるでしょう。

※「食べるためには働かなきゃいけない」なんて思う人がいるかもしれませんが、 その人にとってはその通りでしょう。どうぞ苦労して働いて飯を食ってください。 私は今までの人生、働かずに食べてきた方が多いので、とてもそうは思えません。

今回のまとめ

  • 自分の頭でウンウン考えてもロクなことにならない。
  • 頑張ってもロクなことにならない。
  • 問題や結果や手段なんて放っておけばいい。
  • 分からないことも全部放っておくに限る。
  • 放り投げたときから道は開ける。何でそうなるのかは知らない。

次回に続く>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>