イライラするときどうする?

実はどうもしなくてよいin2015

精神を鍛えると良いことだらけになるか2

前回の記事

今回は私がやっている、ネガティブな感情になった場合の対処法を 書いていきますが、このサイトを読んでいる大多数の方が 予想されているとおり、本から学んだことを実践しているだけです。

転換のプロセス、肯定的側面の本、エゴやペインボディを意識 ネガティブな感情の直接体験、「ありがとう」と言う等...

「転換のプロセス」と「肯定的側面の本」はエイブラハムとの対話から、 「エゴやペインボディを意識」 「ネガティブな感情の直接体験」 は、エックハルト・トールとガンガジから、 「嫌なことがあったら”ありがとう”」は 『ツキを呼ぶ魔法の言葉』から、 それぞれパクって、嫌な気分の時にやっております。

一度に全部やるのではなく、思いついたものや適当に選んだものを一つ選んでやっているという感じで、 一つやるだけでそこそこ気分はマシになります。

そして、感情をマシにする方法を知って身につけていれば、 ネガティブな感情になること自体が恐怖でなくなるのです。

最悪な状態の場合

ただ、上記に挙げた方法は気分が"ある程度"低下した時の話で、 本気(マジ)で頭にきたりイライラしている時は、 上記の方法はおろか、本で学んだ内容など吹っ飛んでしまいます。

丁度、タスケンの集落を全滅させたアナキン・スカイウォーカーに クワイ=ガンの声が届かなかったのと同じような感じです(どんな感じだよ)。 アナキンが激怒した理由は母の敵討ちだったので、まぁ分からなくもないですが、 私やこれ読んでいるあなたが激怒する理由なんて、馬鹿にされたとか、 所持金が少なくなったとか、本当に下らない理由だと思います。

それはともかく、学んだことが吹っ飛んでいる時や、 理屈が通用しないほど激しい感情の時どうするか?

感情の赴くままに怒鳴ったり暴れたりしても、さらに嫌な事態を呼び寄せてしまいます。 私も経験ありますし、あなたにもあるでしょう。

そんな失敗を繰り返して私がやっている?ことは、 「気分が悪くなることは一切やらない」ということです。

例えば、 体重を見て嫌な気分になるなら体重計に乗らない、 友人や恋人や家族とケンカしたなら、 言い返したり、ヨリを戻すために連絡しない、 ネットで馬鹿にされたなら、PCの電源をすぐに切る、 株に含み損があるなら株価は見ない、 借金があるならいちいち借金の額を再確認しない…

要するに 「何かをすることではな何もしないことに集中せよ」 「わざわざ肥溜めに頭を突っ込むようなことはするな」 「全部放っておけ」ということです。

わざわざ自分から嫌なことに飛び込む必要は全くなく、 代わりに「理屈や罪悪感抜きで」自分のやりたいこと、 仮病で仕事サボって酒飲んだり旅に出たりDVD見たりして、 感情が過ぎ去るのを待てば良いのです。

で、感情が落ち着いてきたら、自分のやりたいことから少しずつやっていけば良いと思います。

ありきたりの方法ですが、もがけばもがくほど泥沼にハマり、 ニートやブラック企業まで落ちてしまった私としては、 最早「わざわざ肥溜めに頭を突っ込む」ことはしたくないので、 「嫌なことはやらないで放っておく」を実践している次第でございます。

<追記>
前回の記事で「良いこと:悪いことの比率が1:9から2:8くらいになった」 と書きましたが、遊び半分でいい加減にやっていても、良いことが倍になり、 その分悪いことが減るというのは、まぁまぁの効果ではないでしょうか。

<追記2>
これもありきたりな方法ですが、嫌な気分の時は「紙に書き出す」というのもかなり効果があり、 私も頭にきた時などはやっております。

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>