早い話が宇宙との分離

存在との分離

エゴに取りつかれた人の特徴

ここでは、エゴに取りつかれた人が 一体どういう風に振舞うのか、私なりに書いていきます。

ここでいうエゴとは、 「偽の自分」「自分自身に対する(誤った)思い込み」 こんな感じです。

要するに、自分自身の中にある「性質の悪い思い込み」のことです。 (これは間違い。自分の思考全てがエゴである。in2015)

今の日本では以下のテンプレに当てはまる人が殆どでしょうし、 かくいう私も、テンプレ通りの生き方をしていて非常に苦しみました。 それではいってみましょう。

外の条件が大好き

外見、お金、モノ、肩書き、思考、感情… エゴに取りつかれた人間は、自分の外にある条件が大好きです。 何はともあれ、まずは外の条件で判断を下し 「良い悪い」のレッテルを貼ってしまいます。

美人は良くてブスは害悪、金持ちは良くて貧乏は害悪、 良い気分でいることは良いことで、マイナスの感情は害悪… 一事が万事この調子です。

外にあるものが好きでも良いじゃないか と思われるかもしれませんが、 モノに限らず、肉体やお金、思考など 外にあるものは全て移り変わる「無常」なものです。 無常なものに対して一々レッテルを貼っていると、 心が全く落ち着きません。

私の場合、いちいちレッテルを貼って良し悪しの判断をする度に、 ハイになったりローになったりして、全く落ち着きませんでした。

同一化が大好き

さらに問題なのは、エゴに取りつかれた人間は 外の条件を「本当の自分」だと思い込んでしまうことです。

例えば、大金を手に入ると「俺は偉大な人間だ」と思い、 一文無しになると「俺はクズだ」となります。 「本当の自分=お金の量」と思い込んでいるので、 お金のあるなしに比例して、自分の価値も決まると 思い込んでいるのです。

要するに、お金と自分自身とを「同一化」させ、 「オイラのアイデンティティはお金」と思っているわけです。

また、自分の外見を保とうと整形手術を繰り返す人間、 会社に依存し過労死するまで働き続ける人間など、 エゴによって同一化させる対象は、様々です。

移り変わるものに対して自分自身をを同一化させていると、 必ず終わりがくるので、大きな挫折を生むことは確実です。 その挫折からまた立ち上がれれば良いのですが、 同一化の対象が肉体だったり家族だったりお金だったりすると 挫折の度合いが大きく、酷い場合は自殺してしまいます。

だからといって、「よし、俺はもう外面的なことと自分を同一化しないぞ! 俺は精神的に、スピリチュアルに生きるんだ!!」 と決心しても、 「スピリチュアルに生きること」と自分とを 同一化させてしまうので、ただ同一化の対象が変わっただけ、 実際は何も変わらず、ということになります。

この同一化こそが、現代の日本人を生き辛くさせている 最大の理由ではないでしょうか。

過去と未来が大好き

自分と外の条件とを同一化させ、外の条件に振り回されて生きていると、 1日のうち少なくない時間を 「あれが起きていれば…」「これが起きなかったら…」 「あれが起きろ」「これは起きるな」 などと、過去や未来のことについて考えて過ごすことになります。

要するに「今ここで」「今この瞬間」に意識を向けることを嫌い、 過ぎ去った過去、不安な未来、根拠の無い期待にについて ず〜〜っと考えているわけです。

「家が貧乏だったからこんな目に遭っている」 「親に虐待されたからこんな目に遭っている」 「この仕事が終われば明日は休みだ」 「ああ〜明日からまた仕事が始まる」 「理想の人と結婚すれば幸せになれるだろう」 「子供が五体満足で生まれれば幸せになれるだろう」 「子供が希望通りの学校に入学できれば幸せになれるだろう」 「子供が独り立ちすれば幸せになれるだろう」 「ローンを払い終えたら…」 「定年退職すれば…」

こんな風に、過去や未来に意識を向けて、 気付いた時にはもう老い先短い老人になっています。 で、「俺の人生何だったんだ!政治が悪い社会が悪いアイツが…」 と周囲のせいにして一生を終えるのです。

傍から見たら自作自演のコメディそのものですが、 本人からしたら立派なトラジディ(悲劇)です。

思考が大好き

エゴに取りつかれた人は「思考こそが私そのものである」 と考えています。 所謂「我思う、ゆえに我在り」が真実だと思い込んでいます。

そのため、頭を鍛えに鍛え上げ、思考を洗練させれば 「真理」に近づき、幸せになれると思っています。

しかし、思考は思考でしかありません。 思考に依存すればするほど、頭の中の雑音は激しさを増します。

ある時は自分を厳しく罰し、あるときは自分を誘惑し、 思考を自分自身と考えていると、思考のお喋りに振り回される ことになってしまいます。

振り回された結果、ストレスで身体を損ねたり 他人や状況といさかいを生じさせたりと、様々な問題が起こります。

以上、エゴに取りつかれた人々の特徴はこんな感じです。 エゴに取りつかれて生きると大変ですね。 他にも「自分と他との分離」なんていう特徴もあるのですが、 現時点では言葉で表現するのが難しいので、省きました。 それはまた次の機会に。

<追記in2015>
何年も前に書いた記事にしては、そこそこ書けているじゃないか。 ただ、まだ実感できていないように感じる。 最後の「分離」については、エゴにとらわれていると、 「大いなる力(潜在意識とか宇宙意識とか色々別名あり)」の力が使えないということ。

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>