エゴの終わりの始まり

ただし本当に実感できたのは2年後

『ニューアース』との出会い 後編

前回の続き

『ニューアース』を借りてきた私は、まずは最後らへんのページをめくって、 オチはどんなのだろうと確認してみました。

すると「新しい地はユートピアではない」 などと書かれているではありませんか!

「なんだよこれ意味ねーじゃん!馬鹿じゃねーの!!」 と呆れ果ててしまったのですが、とにかく嫌々ながら読み始めました。

しかし、読み始めると、心の奥底で「本当はこうなんじゃないか」と、 たまに浮かんでは消えていった、正にそれらのことが書かれていたのです。

一週間くらいかけて読む予定が、一晩で読み終えてしまいました。

一体なぜ、あれほど『ニューアース』を読むことを 当時の私は拒絶していたのでしょうか。 おそらく、私を支配しているエゴが 「やばい!こんなもの読まれたら、俺の居場所が無くなってしまう!」 と危機感を感じたからではないでしょうか。

ニューアース読後の状態

『ニューアース』を読んだ後、大きく変わった点は次の3つでした。

1.外部に幸せを見出さなくなった

まずはこれ。 肉体、人間関係、お金、モノ、出来事… 外部のものは全て、生まれては消えていく「うつろうもの」です。

そんな不安定なものにしがみついていたら、 赤くなったり青くなったり、しまいにはノイローゼになるのは 当然のことなのです。

外部のものに対しては、尊重はするが執着しない、 このスタンスをとるようになりました。(100%ではないけれど)

これはスピリチュアルや啓発云々に関しても同じで、 「あの本を読めば人生変わるだろう」 「あの方法を実践すれば幸せになるだろう」ということも無くなりました。

「青い鳥」と同じく、変化や幸せといったものは、 外部ではなく、もの凄い身近にあるものなのです。

2.エゴに囚われていないか気付くようになった

不安定なものに執着したり他人と比較したりするのは、 全部エゴの働きのためです。 日々の生活の中で「エゴに囚われていないか」 頻繁にチェックするようになりました。

3.「今」にあるか気付くようになった

「今」に在れば、エゴに囚われることもなくなりますし 過去や未来のことを考えて欲求不満になることもなくなります。 「今に在るかどうか」ということを、日々の生活の中で頻繁にチェックする ようになりました。

そして…今までとは段違いの安らぎが、現在の私にやってきたのです。

新しい意識(new heaven)に目覚めることができれば、 新しい現実(new earth)が顕れてくるのです。

そんな私の意識を変えてくれた『ニューアース』ですが、 一体どんなことが書かれているのでしょうか。 次回からは、内容について、私なりに解説していきます。

「はじめに」に続く>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>