目覚めよ!

一応のターニングポイント

私の「目覚め」体験

あれは2012年12月9日、寝る前の出来事でした。

私は寝る前に15分間の瞑想をしているのですが(2012年当時のこと)、 瞑想している最中に、

「う〜ん・・・俺は金だ何だで赤くなったり青くなったりしているけど、 喜ぼうが悲しもうが怒ろうが、何か変わらない何かが、俺の中にあるよなぁ…」 という考えが、突然浮かんできました。

まだエゴが何で本当の自分が何かよく分かっていなかった時に、 突然このような考えが浮かんできたのです。

その瞬間、体が異様に軽くなり、自分の体が自分の体でないような 感覚におそわれてきたのです。

何が何だか分からないまま、その状態で寝たのですが、 朝起きた時、その感覚はますます強くなっていました。 光が体の中を、毛細血管に至るまで光がかけめぐり、 その光は私の周囲のあらゆるものから放出されていました。 (言葉では何とも説明し難いのですが、こんな感じでした)

浮かんでくる思考や感情といえば、愛、感謝、喜び、豊かさ、自由 といったようなものばかりでした。 いや、愛だの自由だの感謝だのでは片づけられない、 言葉では表現不可能な、何ともいえない感覚だったのです。

「これがワンネスというやつか!」と感激して、 しばらくはその感覚に浸っていたのですが、 10分くらいしたらいつもの状態に戻ってしまいました。

それから何度かその状態になろうと色々試してみたのですが、 全然うまくいきませんでした。

結局あれは何だったのだろうと思ったのですが、youtubeを見ていると ジムキャリーが同じような体験を話している動画を発見し、 「ひぇ〜!同じような体験してる人がいるのか〜!」と、 非常にビックリしてしまいました。 (「ジムキャリー 目覚め」で検索)

目覚めるとどうなる

目覚めというか、悟りを開いてどうなるかということですが、 ぶっちゃけてしまうと、今まで通りでどうにもなりません。

何とも夢の無い話ですが、状況が劇的に変わるとか、大金ゲットできるとか そういうことは一切無いのです。(私が未熟だからかもしれませんが)

ただ、その後エックハルトトールやガンガジの本を詳しく読んで 知ったことは、

悟りや目覚めといったものは、遠くにあって求めるものではない、 「今、この瞬間」が悟りや目覚めを求める場所である

一度目覚め体験をしたからといって、それを再現しようとするのは無駄

ということでした。

現在ハッキリしていることは、 目覚めや悟りの素?というものは、遠くにあって、 何かをしないと得られないような、「目標」ではないのです。

もちろん、選ばれた者だけが得る「資格」のようなものでもありません。

それは既に、あなたや私の体、意識の中に在るものなのです。 そして、それに気付くことができるのが「今、この瞬間」なのです。

ですので、「今この瞬間」を無条件で受け入れ、 思考を止めて、「今この瞬間」に意識を集中してみましょう。

そうすれば、ジムキャリーや私のように 「目覚め」のようなものを体験できるかもしれません。

<追記2015>

何か偉そうなこと書いてると思ったが、結構核心を突いているところもあり、 この頃から色々変化あったんだなあという印象を受けました。 ただ、別に良い気分とかになったり思考を止めずとも、 「今この瞬間」「大いなる力」みたいなものは、現在においては 結構簡単に感じることができます。

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>