全てはひとつ

それを必要以上に妨げ苦しめるのがエゴ

解説『ニューアース』 その2 前編

二章 エゴという間違った自己のメカニズム

ここから数章に渡って、エゴの仕組みとその影響について書かれています。 (エゴの説明についてはP.63を参照)

私が最初に『ニューアース』を読んだ時、 「何でこんなにエゴについてしつこく書かれているんだ」 とウンザリした覚えがありますが、 今思えば、これくらいしつこく書かないと 日常生活の中で「あ、これはエゴだ」と気付けないからなのでしょう。

敵を倒す?為には、敵について深く知らなければならないのです。

言葉で表せないものを言葉にするのは難しいと エックハルト・トール氏は述べておられますが、 本文の字面をただ眺めるだけでなく、文章の奥に在るものを読みとり、 自分のこととして読めば、効果が顕れます。

エゴと人生の一部分との同一化

まずエゴの特徴の最もたるものとして、 同一化、(全体から切り離された一部分との同一化 2015加筆)が挙げられます。

いわゆる「人生」というやつは、 下図のように「本当の自分」というものがあり、その中に モノ、肉体、思考、ペインボディ(後で出てくる)などがあるのですが、

人生全体の図
中の様々なものを失っても、本体は何も損なわない

エゴに囚われている人は、思考、肉体などを 「これこそ本当の自分だ!」と、同一化してしまうのです。

エゴの働き
同一化しているので、対象物を失うと自分をも失ったようになる

何を自分と同一化させるのかは人それぞれなのですが、 自分と何か外部のものを同一化させると 「私の〜」「もっと〜」「どうしても手に入れる」「まだ足りない」 となります。

これが「エゴの構造」であり、 特定の”何か”に対してこのような思いが浮かんだ場合は、 その”何か”こそが、あなたのエゴが同一化しているものなのです。

さらに、モノ(例えば金)が減った、肉体が衰えた等、 「本当の自分」と思い込んでいるものが減少すると 自分自身も減少してしまうような錯覚に陥るのです。

全て幻

例えば、 「私は○田×太郎。45歳。サラリーマン。妻と子供が2人いる。 30年ローンはまだ半分以上残っている。腰痛持ちで辛い」 という人がいたとします。

この人の「本当の自分」とは一体何なのでしょうか。

本当の自分=○田×太郎       でしょうか? No
本当の自分=サラリーマン     でしょうか?  No
本当の自分=2人の子の親     でしょうか?  No
本当の自分=ローンの債務者    でしょうか?  No
本当の自分=腰痛持ち       でしょうか?  No
本当の自分=上のように考える思考 でしょうか?  No

頭で「これが本当の自分だ」と考えているものは、 全てエゴによる、思い込みなのです。

エゴは名前、性別、職業、家族、経済状況、身体状況などに アイデンティティを見出し、あたかも「真実」であるかのように 自分と対象物とを同一化させてしまいます。 さらに厄介なことに、エゴはそう考えている思考を「本当の自分」だと 考え、「思考=自分」だと思い込ませてしまうのです。

では「本当の自分」とは一体何なのでしょうか。 長くなってきたので、続きは後編で。

後編に続く>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>