本当の自分とは

たぶん宇宙全体の意識みたいなもの

解説『ニューアース』 その2 後編

前編の続き。

本当の自分

じゃあ、一体何が本当の自分なのかという話ですが、 『ニューアース』の著者エックハルト・トール氏は 「いま、この瞬間」という空間みたいなものだと書いています。

本当の自分
全てを内包しているもの。断じて肉体や思考ではない。

前編にも出した上図の点線部分のことです。

何で点線にしたのかというと、目に見える体ではないから。 体の内外にある意識の様なものだからです。

「神との対話」の3巻にも 「身体が魂(本当の自分)を宿しているのではなく、魂が身体を包み込んでいる」 というような描写がありましたが、その「魂」と大体同じです。

要するに「本当の自分」とは、「今、この瞬間」の身体、 出来事、思考、感情、経済状況などなど 全てのものを内包している「意識」だと思ってよいでしょう。

この「意識」は、例え金が無くなろうが、人間関係が崩れようが、 身体が衰えようが、ず〜っと不変のものなのです。

本当の自分を感じるために

それでは「本当の自分」を意識するには。どうすれば良いのでしょうか。

この章では、

気付き、 「今、この瞬間」を受け入れる、 内なる体(インナーボディ)を感じる、

の3つが書かれています。

のインナーボディについてはP.61にかかれている通りで、 は「今、この瞬間」に対してYes!といって、 受け入れることです。

については、エゴによって自分と同一化しているもの、 モノ、身体、出来事、思考などを自分と切り離し、 ありのままを見ることです。

どうすればいいかというと、自分が何かに執着心を持っていたり、 失うことに恐れを抱いたり、躍起になっている時に、 「あ、今私は○○(モノ、身体、思考など)と自分とを同一化しているな」 「○○と自分を同一化することで、全体(宇宙全体)から自分を引き離しているな」 (これ重要。結局この本の言いたいことは「宇宙、大いなる力と一体となりましょうね」だから) と気付くことです。

外部のものと自分との同一化は幻でしかなく、 幻は幻と認識すれば、消えるからです。 これを何度も何度も繰り返していると、反射的?に気付くことができるようになります。

以上、かなり簡略化してまとめてみましたが、詳しくは本文を繰返し読んでみてください。 次回は3章について書いていきます。

3章に続く>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>