もう一度大阪に住みたい

下品なところがいい

六郎の旅日記 大阪編

京都に続いてお次は大阪編です。

京都とか大阪とか神戸とか、関西地方はずっと住んでいたこともあって、 観光地に対してあまり感慨深いものがありません。

おまけに住んでいた当時は貧乏で、 デジカメすら持っていなかったので写真もございません。

なので簡素なガイドになりますが、何卒ご容赦ください。

ここだけは行っとけ

大阪のメジャーな観光名所といえば、

大阪城
海遊館
ユニバーサルスタジオ

これくらいしか思いつきません。 しかも、海遊館行くくらいなら沖縄の美ら海水族館行った方が良いし、 USJ行くくらいならディズニーランド行った方が良いという有様です。

なので大阪行くなら「大阪らしい所」へ行きましょう。 キタなら天神橋筋商店街(日本一長い商店街)と駅前第1〜第4ビル、 ミナミなら道頓堀界隈〜日本橋〜新世界あたりです。

特に雨の日に道頓堀や新世界を歩くと、 リドリースコット映画のような雰囲気を感じることができ、 ブレードランナーやブラックレイン好きな人にはお勧めです。

書いていて思い出しましたが、 新世界の近くにある天王寺動物園&公園は、 園内にまでストリートライブ(演歌)の音が聞こえてきて 何ともいえない気分になるので、ある意味お勧めです。 夜の飛田新地も、何ともいえない気分になるので、 車で外の様子を眺めるだけで良いので行ってみましょう。 (未成年はNGだけど)

心霊とかオカルト好きなら、ビックカメラのなんば店が、 おすすめしませんがおすすめです(なんだそりゃ)。 私は「プランタンなんば」の時に、何も知らずによく行っていました。 あの辺の高架橋の下だけ、いまだに真っ黒い煤が付いています…

これだけは食べとけ

観光地は見栄えがしませんが、 流石に「くいだおれの街大阪」というだけあって、 大阪の食べ物は美味しいです。

私は仕事帰りに駅前第1〜4ビルをよく利用していましたが、 あの辺は元屋台街だっただけあって、 うどん屋だろうが洋食屋だろうが、大抵の店は美味しいです。

キタだと、第2駅ビルにある「北斗星」か、 天神橋筋商店街の「十八番」(私が行ってたのは天五の方)が良いです。

ミナミだと、観光客向けだけど「神座」の本店でしょうか。 「自由軒」のカレーや串カツよりは私は好きなのですが、 その辺は各自の好みではないでしょうか。

ミナミに住んだことないので詳しくは知りませんが、 なるべく地元の人が利用するような店で食べた方が 感動もひとしおだと思います。

これだけは買っとけ

551の豚まんくらいしか思いつきません。 京都や神戸でも買えるので、大阪土産というより関西土産です。 京都大阪に住んでいた頃、土産といえば豚まんを リクエストされていました。 私的には、以前は好きで食べていたのですが、 現在は食べ飽きて見向きもしない状態です。

しかし美味しいことは美味しいので、 食べたことの無い人は是非とも買って帰りましょう。

※札幌に旅行に行った時『味の三平』で日本初の味噌ラーメンを食べたのですが、 そのラーメンの味が味噌汁に551の豚まんをぶち込んだ味なので、 「豚まんやんけこれ!!!」と思ってしまったのは良い思い出です。

新大阪にも売店がありますが、並ばなきゃならんので、 なるべく梅田かなんば界隈で買った方が良いです。

ちなみに、梅田駅前に3つ(今は伊勢丹入れて4つ?)百貨店がありますが、 食べ物系統の土産を買うなら、阪神百貨店が一番充実しています。

さらに阪神百貨店のとらやには、タイガース模様の羊羹が売っているので 猛虎魂を持っている人は少し高いけど買ってみましょう。 (ネタじゃなくマジで「六甲の風」という名前で売っています。 味は普通のとらやの羊羹と変わりませんでしたが)

おまけ 日本橋と秋葉原の違い

世間では「東の秋葉原西の日本橋」と言われているようですが、 私的に考える両者の違いは、

@秋葉原はエウリアンだが日本橋はおばちゃん

秋葉原駅前に今でもいるか知りませんが、エウリアンは一種の 秋葉原名物でしょう。 他にもメイド喫茶とかのチラシ配りがいます。

それに対して日本橋では、道を外れたところにポン引きのおばちゃんがいて 「兄ちゃんどないやっ・・・!3000円でイタズラし放題っ・・・!」 と、いやらしいチラシを渡して怪しげな店に誘い込んできます。 「どんなイタズラや」と思うのですが、 エウリアンと違って愛嬌があるのは、大阪ならではだと思います。 (今はもういないかも)

A日本橋は商売がせこい

あれは10年くらい前、ネットが発達していなかった頃の出来事です。 日本橋のビデオ屋に「無修正AV500円」という看板がありました。

なんや無修正が500円なんか、というかこんな看板堂々と出していいの とか思いながら購入して、家に帰って再生してみると…

普通の単体モノAVで、モザイクもばっちりなのです。 しかも最初から最後まで画像が非常に悪い。

そうなのです。 無修正とは「モザイク無し」という意味ではなく、 「ノーカット(無修正)でダビングしましたよ」という意味だったのです。

こんな楽しい商売が成り立つのも、大阪ならではだと思います。

というわけで、私はこんな胡散臭い大阪が大好きで、 東京、名古屋、京都、大阪、神戸、博多の6都市から 1つ選んで住めと言われるなら、 また大阪に住みたいと思っている次第でございます。

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>