エゴは手ごわい

そう思いたくないけど実際そう

『スターウォーズ』に学ぶ、エゴとの対峙法 中編

スターウォーズ6作

前回の記事

衝撃の事実

後編に行く前に一つ重要なことを書き忘れていました。 スターウォーズでは、ルークがベイダーから衝撃の事実を告げられ、 さらにヨーダからも「お前の父だ」(ネタバレすんな)と言われてショックを受けるのですが、 私もこれを読んでいるあなたに、衝撃の事実?を告げます。

エゴとは、あなたが今「これは自分自身だ」と考えているもの 全て だということです。

あなたの思考、感情、肉体、所有物など「全て」です。 肉体や所有物くらいなら理解してくれるは人多いですが、 思考や感情となると、中々実感わかないと思います。

ですが、あなたが今「何言ってんだこいつ」とか 「これもう分かんねぇな」とかいって考えている内容、 それらはあくまで単なる「思考」であって、あなた自身ではない、 あなたが単なる思考を「これは紛れもない自分自身の思考だ!!」 と思い込んでいるのは、 あなたが思考と自身とを同一化しているからなのです。

さらに、 腹が立ったり不安になったりするのも単なる「感情」でしかなく、 それをあなたが自分と同一化してしまうから苦しみが生まれるのです。

別に腹が立ったら腹を立ててばいいし、悲しければ悲しめばいいし、 笑いたけりゃ笑えばいいのです。 問題はそこではなく、感情と自分とを同一化してしまうから、 いつまでたっても感情を引きずってしまうのです。

じゃあ何で同一化してしまうのか。 それがエゴの仕業だからであり、こいつと対決するのが、 あなたの運命なのです。

エゴと対決するには、エゴの居場所を突き止めなければいけませんので、 このような話をしました。 エゴの所在が不明のままだと『スターウォーズ』じゃなくて『プレデター』になってしまいます。

エゴと対決するとどうなる?

そして、エゴの居場所を見つけ、エゴと対決すれば、

「○○があれば幸せになれるのに」 「××がなければ幸せになれるのに」などと、 いつも「今以外」の何かを考え続け、 いざ○○を手に入れても心の底から喜べなかった (理由はあなたが「今」にいないから)、

ということはなくなります(人によりけりだろうけど)。

さらに、旅行をする際に、

出発するまでは「あ〜早く行きたい」と考え、 目的地に向かっている最中は「あ〜早く観光地に着きたい」と考え、 到着して観光している最中は「あ〜早く食事をしたい」と考え… 最終的に「早く家に帰りたい」となり、「やっぱり我が家が一番だな!」となる

こんなことがなくなるのです。 単なる旅行だけでなく、人生の旅路においても。

あんまスターウォーズと関係ない話になってきた感じがしますが、 Xの劇中においても、ヨーダがルークを評して Never his mind on where he was, What he was doing. (この子は”今”を観ていない!) と言っております。

そんなわけで、次回に続きます。

※最後に、「悟りを開けば俺の人生バラ色だ」「目覚めればずっとハッピーなんだ」 などと考えてしまうのも、エゴの仕業なので気を付けましょう。 ややこしいですが、エゴは手ごわいです。

次回に続く>>

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>