何をするか

書き出す

まず何から始めるか 読者からの質問

大好評の質問コーナー。

あまりに好評のため、読者様からの質問メールが、現在たまりにたまっております。 (サボってただけだろ!いい加減にしろ!)

一つ一つのメールに目を通し、丁寧に?回答しているため時間がかかっているのですが、 先日、以下の様なメールが目に留まりました。

本来なら衛星サイト上で回答するのですが、 内容が内容だけに、当サイトで回答致します。

メールの内容

東大六郎様、はじめまして。 ホーネットと申します(ハンドルネームにて失礼します)。 現在就職活動中の女、大学生です。

六郎様のサイトは、2〜3年くらい前から定期的に拝見しております。 最初は勉強計画の立て方のページを見たのがきっかけだったと思います。

今回メールをしましたのは、お悩み相談のためです。 できれば良い報告をしたかったのですが、まだそこには至ってないです。ごめんなさい。

今、就活をしているのですが、なかなか結果が出ません。 人気が高く、競争率も高い事務職志望です。

約1ヶ月前から天国言葉の要領で「事務職に内定しました感謝します」みたいなことを言いまくっているのですが、 事態が好転したのかというとそこまででもなく、多少マシになった程度です。

それ以上に、考え事や心配事、ネガティヴ思考が目立つようになって、 天国言葉を必死に言うことで押さえつけているような状況に陥っている気がしました。 根本にいわゆる思い込みが存在するのだと思います。

そういったものとどう付き合えばいいか、 なるべくだったらそういったものを手放して「楽になりたい」わけですが、 サイトを拝見いくうちに、どれから手をつければいいかわからなくなってきました。

質問は、上記のどれから手をつければいいのか、 就活する上での心構えとかアドバイスがあれば教えて頂きたいです。

どのような形の回答でも構わないので、よろしくお願いいたします。

私の回答

というわけで、若い女性のリクルートスーツ姿を見ているだけで、 十分ニチィ!…パワーを貰える私が回答してまいります。

何回も書いているように、当サイトはブラック企業で苦しんでいた私が 憂さ晴らしのために始めたもので、 当初は東大受験とブラック企業について書いておりました。

その後、苦し紛れにやっていた引き寄せやら何やらについて書くようになり、 ブラック企業脱出した後は仕事や転職について書くようになり、 最後は何か知らんけど、悟り界隈について書くようになってしまいました。

そのようなゴチャゴチャある当サイトのうち、 何から始めればよいかというのが、今回の質問でございます。

質問者の他にも、 このように考えている方いらっしゃるのではないでしょうか。

結論から申しますと「まずは自分の考えていることを紙に書き出しましょう」と言いたい。

理由は簡単で「私がそうやっていたから」というだけであります。

私がブラック企業で苦しんでいた時、 自分の心情を思いつくまま紙に書いておりました。

書いているときは書いていることに集中できて気が紛れるし、 後で見返すと面白いし、何より、自分が何を考えているかがよく分かります。 (ちなみに当サイトを開設する際のアイデアも、書いている時に閃いた)

毎日毎日暗い部屋の中でグチャグチャ書いて、 その後どうなったかはご覧の通りです。

なので、自分の考えを書き出せるだけ書き出す、ことから始めましょう。

ひとつ付け加えるとするなら、自分の考えていることを一通り書き出した後で、 その中から自分にとって望ましい考えを選べば良いです。

簡単な例を示すと、 今この記事を書いている私には、以下のような考えがあります。

  • この記事が受けなかったらどうしよう
  • ああ眠い腹減った
  • この記事は絶対にバカウケだろう
  • 若いOLとコイニハッテンシテ…
  • 今日の晩ごはん何にしよう

この中から何を選べば良いかというと、

  • この記事が受けなかったらどうしよう
  • ああ眠い腹減った
  • この記事は絶対にバカウケだろう←これを選べば良いわけ。
  • 若いOLとコイニハッテンシテ…
  • 今日の晩ごはん何にしよう

紙に書くときはもっと膨大かつ複雑になりますが、 自分が選びたい考えの箇所に赤線を引くか赤丸でもつけておけば良いでしょう。

簡単に説明すると以上ですし、こんなので変わるのかとお思いでしょうが、 やれば何かが変わっていき、就活に臨む心情も変化していくでしょう。

あと、就活する上でのアドバイスですが、就活に失敗した私が言えることは、 就活に失敗したからといって死ぬわけじゃないし、適当に生きてりゃ道は開ける、 ということくらいであります。

こちらも「そんな馬鹿な」とか「信じられない」と思われるでしょうが、そんなもんです。

以上、今回はここまで。

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>