(´^ω^`)ツヅケタマエ!

(´^ω^`)ツヅケタマエ!

就活に疲れた人へ

この記事を書いているのは4月頭で、世間では就職活動真っ盛りでございます。

以前書いた通り、私はそもそも働きたくなかったので、 就職活動では大いに苦労し、結果大したことない会社に就職が決まりました。

これを読んでいる人の中にも、就活で疲れた、希望通りの会社に入れなかった等、 就活関係で悩んでいらっしゃる方がいるのではないでしょうか。

今回はそんな方に向けた、私自身の体験談を書いてまいります。 (2014年にmixiで書いた記事の焼き直しだけど)

ご多分に漏れず?お下劣で最低な記事でありますが、 「生きていればそのうち良いことあるから負けないで」なんていう、 薄っぺらいカラッポな言葉よりも私の体験談をただ書いた方が良いと思うので、 恥を忍んで書いてまいります(嘘つくな。喜んで書いてるくせに)。

東大なんか行かなきゃ良かった

これは私が大学4年のときのお話。

元々働きたくないと思っていた私が、 金のために嫌々働き口を見つけなければならなかったので、 就活の日々は地獄そのものでした。

その就職先も一応決まり、いよいよ卒業まで半年を切った頃、 これからのことを考えると暗澹たる気分になり、

「何で東大の俺がこんな会社に…」 「有名企業だろうが無名企業だろうが、どっちみち働かなきゃいけないのか」 「こんな、生きていくために嫌々働かなきゃいけないなら、 東大なんて行くんじゃなかった」 などと思い詰め、いっそ死のうかと考えましたが、その勇気もありませんでした。

そんなドン底の状態だったので、卒論を書く気も起きず、 友人達は準備を始めているというのに、何も手をつけていませんでした。

そういった最悪の気分を誤魔化すためにネットばかりやっていたのですが、 10月のある夜、ニュー即を覗いてみると、 やけに伸びているスレが目に留まりました。

そのスレこそ、あの「ケ◯毛バーガー事件」のスレだったのです。

笑いが止まらない

「何だこれは…」と訝しみながら、 コトの詳細&スレの書き込み&当該写真を一通り目を通してみました。

すると、私の中に何ともいえない笑いがこみあげてきたのです。

一体何がそんなに面白いのか自分でも理解できなかったのですが、 もうおかしくておかしくて、 一人部屋の中で30分くらい大爆笑しておりました。

笑いすぎて涙が出て呼吸困難になり腹筋と背中が痛くなっても、 さらに笑い続けておりました。

そして思ったことは 「この"まゆゆ(仮名)"という人に比べれば、俺の死にたいなんて悩み、 ガーネットスターの前のビー玉みたいにちっぽけなものじゃないか」 ということでした。

この夜を境にして私はドン底を脱し、卒論を書く気が起きて無事卒業し、 そこからまた紆余曲折を経て今の状態となったわけです。

あの事件がなければ、今の私はなかったことでしょう。 ありがとうmixi!ありがとうまゆゆ(仮名)!!

まとめ

  • ドン底に落ちたときは何でも良いから笑うに限る。
  • チャンスや救いの手は、人生の至る所に転がっている。
  • (´^ω^`)ツヅケタマエ!(あなたの自身の人生を)

※入った会社が気に入らない、ブラックだったりした場合は、 さっさと転職活動するのが良いと今では思いますし、 事実、私はそうしました。

変わりたいならさっさと転職しようぜ!人生が終わっちまうよ!
転職穴場のマイナビエージェント
転職の穴場マイナビエージェント

↑↓のサイトで登録した方には特典あります。詳しくはこの記事にて。

マイナビITエージェント
激務から脱出し、のんびり仕事ができるIT職をゲットしよう
転職の穴場 マイナビエージェントIT

お役立ち記事

能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>