自分を変える教室

7章

解説『スタンフォードの自分を変える教室』第7章

前回の記事

今回は第7章で、 冒頭には所謂「朝三暮四」の実験について書かれ、 72%V.S.19%でチンパンジーが人間に勝った!なんて書かれております。

今回は「なぜ人間は遠くの金銀財宝よりも近くの小銭を拾ってしまうのか」、 そしてそれに対する対策について。

でもこういうのって、刹那的に生きているアメリカ人(偏見)に当てはまるものであり、 日本人は結構我慢強いので、あまり参考にならない気がします。

まぁ日本人でも堪え性の無いのがいるけど、そういうのは大抵が貧困層(偏見)で、 貧困層はこんな本読まないし読んでも理解できないでしょう。

原始の習性と限定合理性

なんでこんなことになるのかというと、 「今すぐに手に入れないと気がすまない」のが人間の本能であり、

それはドーパミンで生き延びていた原始時代には 目の前の食料を確保するだけで充分生きていけたからで、 その習性が今でも残っているということのようです。

さらに、人間の合理性は、頭の中ではいくらでも合理的に考えられるのだけど、 いざ誘惑を目の当たりにすると途端に視野が狭まり逃すまいとする 「限定合理性」であるから、チンパンジーに負けてしまうとのことです。

この辺および「割引価値」の話を読んだりしたのですが、 どうも私にはピンとこないし、 やっぱり日本でこの状態にあるのは底辺層がメインではないかと思うのでした。

※割引(現在)価値:将来もらえるお金を今もらったら何円になるかを示す価値。 例えば年利α(小数)で2年後にX円もらえるとすると、その割引価値はX/(1+α)^2円、 3年後にY円ならばY/(1+α)^3円。

それはともかく、こういうチンパンジーにも劣る人間が どういう風に欲望を制御すれば良いのかというと、以下の通り。

  • 目の当たりにしない、目のつくところに置かない。 少しでも物理的距離を置くと少しは冷静でいられる。
  • 10分待つ。「10分後にまだ欲しかったら、そうしよう」という風にする。 タバコの例のように、10分待つことに慣れたらもう10分と延ばすのも可。
  • 割引率を下げる=将来の報酬を意識する。自分のやり方で。
  • 背水の陣:PCの通信機能を破壊した作家や東大受験前にゲーム機を全部破壊した私みたいに、 誘惑の元を減らしたり殲滅する。e.g.カードの上限を低くしたり、anti-socialソフトを使う。

と、ここまで書いて思い出しましたが、私もかつては底辺で、 底辺なりに考えて誘惑に打ち勝つ対策をしたから、東大に入ることができたのでしょう。

来たるべき「優秀な自分」など存在しない

P.255からは「あなた2.0」というものについて書いてあり、 内容は4章のP.149と同じで「少し未来の理想的な自分」ということです。

人間、殊に中高生のような若い人間は 「近い将来、自分は今の自分とはうって変わって優秀になり、 受験も大学生活も就活も仕事もバリバリこなせるようになるんだ」 などと下らないことを考えてしまいます。

当然、そのような「優秀な自分」など来るはずもなく、 ある時点で「来たるべき優秀な自分など存在しない!ずっと”今”」という真実に気付くのですが、 気付かずにそのままズルズルと一生を過ごす人もいます。

一生ドリーマーで過ごすなんてそれはそれで結構なことかもしれないし、 実際、将来それなりに優秀な自分になることも可能ですが、

そうなるには自分のフレーム(枠組み)、思考や行動の枠を超えるなどしてはじめてなれるものだし、 そういうのは後で気付いて変わったなと実感できるものです。

※変わる方法は当サイトに山ほど載せている。

ともかく、「将来の優秀な自分」などと下らないことを考えている人には、 「将来の自分とのつながり強化せよ」と本章には書かれており、対策として

  • 将来の自分に手紙を書く。
  • 将来の記憶をつくる(ただ将来のことを思い浮かべるだけ)
  • 将来の自分を想像してみる。

と色々書かれていますが、やっぱり「新しい地はユートピアではない」と同じく、 「将来の自分は今の延長」と気付くことが一番だと私は思います。

次回に続く>>

変わりたいならさっさと転職しようぜ!人生が終わっちまうよ!
転職穴場のマイナビエージェント
転職の穴場マイナビエージェント

↑↓のサイトで登録した方には特典あります。詳しくはこの記事にて。

マイナビITエージェント
激務から脱出し、のんびり仕事ができるIT職をゲットしよう
転職の穴場 マイナビエージェントIT

お役立ち記事

転職お役立ち記事 能力をアップさせて、現状を打開する

メニューに戻る>>