1年間の東大受験記録

疲れた

東大合格までの受験年表

ここでは、ニート状態から東大合格までの年表を載せておきます。

注意事項としては、当時の東大センターは800点満点で、 英国数がそれぞれ200点、世界史地理がどちらか一方で100点、 理科が100点となっております。

まあ、あまり参考になるものにはなっておりません。

  • 2001年
    12月 代ゼミの東大プレを受ける。 結果は国語が現代文のおかげで2割、 英語、世界史地理は1割未満、数学は5点。 判定はEだかF(Fなんて無かったっけ?)
  • 2002年
    01月 未プレイだったFF9をやる。ムービーばかりで面白くなかった。
  • 02月 飲酒が深刻になる。1日ウィスキー1瓶。
  • 03月 酒を止める。問題集を買い揃え、東京大学合格目指して勉強開始。
  • 04月 英単語、英文法、地理、数学の勉強。
  • 05月 4月のメニューを続けながら、英文和訳、世界史、古文漢文の勉強。
  • 06月 黄チャート以外の問題集1.5巡目くらい終了。 当然ながら全然頭に入っていない。 センター模試は550点くらい。
  • 07月 暑さでダレてくる。飲酒再開。1週間に1回くらい飲む。 黄チャート一通り終了。
  • 08月 現代文の勉強開始。古文漢文、世界史、地理の応用問題を買って始める。 英文長文読解、英作文とかも始める。
  • 09月 涼しくなってきたので、ペースを上げる。 Z会の東大コースを始める。全く訳が分らない。
  • 10月 基本的な問題集なら、1日で終えられるようになる。 古文がスラスラよめるようになったりする。 センター模試は600点前半。
  • 11月 この辺になると、ひたすら復習の日々。 Z会の問題も少しは分るようになる。 センター化学の勉強開始。有機化学は捨てる。
  • 12月 インフルエンザの予防注射を受ける。 世界史の教科書を読んでいる最中に突然頭の中に爆発が起き、 世界史の横のつながり、歴史の因果関係が手に取るように分るようになる。 その関係で、地理も包括的な見方ができるようになる。 Z会国語でA判定。Z会数学も1問は完答できるようになる。 センター模試は770点。
  • 2003年
    01月 センター試験本番 英語200点、数学140点、国語まさか痛恨の120点、化学75点、 地理80点 合計615点。 一番得意だと思っていた国語の小説問題が0点だった... 前期は東京大学文科V類、後期は神戸大学経営学部 の夜間(センターのみ)にした。 私立は金と時間の無駄なので一切出願せず。
  • 02月 センター終了から2月10日くらいまで、ショックで放心状態となる。 「首を吊るのは試験後にしよう」と決意する。 今までやってきた問題集やZ会のプリントの処分を始める。 一回復習する毎に、ゴミ箱に捨てて行った。 さっぱりした机の上を見て、清々しい気持ちになる。
  • 東大受験本番
    1日目 会場は駒場13号館1Fの一番広い教室。 (1313だったか、後に小森教授の授業を受けるところ) 席は左端の前から2番目、試験監督の席の横だった。
  • 国語
    古文漢文はまあ簡単。現代文は長かったが何とか解けた。 試験中、試験官が俺の答案をジロジロ覗いてくる。 ○してやりたくなる。
  • 数学
    微積を速攻で解く。 残りの3問を解こうとするが、まったく解けない。 焦る焦る...頭が真っ白になる。 試験官は相変わらずジロジロ覗いてくる。 試験終了後、「人生終わった」と思い、 試験が終わったらどこで首を吊ろうか考える。
  • 2日目 世界史・地理
    世界史の作文をヤケクソで終わらせ、地理のカナダの問題を 問題文を読まないまま、「カナダ?ケベック?どうせフランス語云々だろ」 と殆どヤケクソで解答用紙に書きなぐる。 試験官は相変わらず答案を覗いてくる。
  • 英語
    「雨降って地固まる」を英語で説明する。 ハワイの波の文章の要約、イラクで活動した記者の長文など... あまりに問題量が多すぎて、タイムオーバーになる。 数学でヘマしていたし、完全に終わったと感じる。 帰りに渋谷のドンキでウィスキーを1瓶買い、その日のうちに全部飲む。 (買ったのはオールドクロウという、カラスの絵のバーボン)
  • 3月10日 受験終了から酒浸りの生活を送る。 昼間から飲んでいた時、東大から薄っぺらい封筒が届く、 中を開けると汚い印刷で「合格しましたので手続きして」と書いてある。 気を失いそうになりながら、酒を流しに捨てた。

お役立ち記事

能力をアップさせて、現状を打開する 勉強お役立ち記事

メニューに戻る>>