6月7月8月

刺激を

6月、7月、8月 ダレた時の勉強法

4月5月の記事

4月5月も終わり、6月になってくると段々暑くなってきて、 また段々とマンネリを感じてきて、勉強する気が失せてきます。

当サイト開設時にも同じような記事を書きましたが、 今回は改めて、そんなダレた時にやることを書いてまいります。

失速することに焦りや不安を感じる人もいるかもしれませんが、 4月からやってこなかった連中は十中八九、 8月が終わる頃には勝手に脱落しているので、

4月からマジメにやってきた人については、 ダレているなりに6,7,8月とやり続けていれば、 合格もグンと近づいてくること間違いなしです。

あと何度も書きますが、自分なりの勉強法を確立していて志望校も射程圏内の人は、 こんなの読まずに自分の勉強法を優先してください。

復習!

ダレた時は復習!何度も書いてきた通り、これに尽きます。

ただ、一口に「復習」といっても、 間違えた箇所や苦手な科目ばかりを復習と称してやろうとすると、 ストレスがかかって余計に失速するので止めておきましょう。

スカッと解けた基礎問題、 得意な科目を繰り返しやって「やっぱ簡単に解けるわ、俺って天才だわ」 みたいな感じになった方が、ダレている時には余計なストレスがかからないし、 何よりやる気みたいなのが回復します。

「得意な箇所や科目なんて無い」という人(そんなのいるのか)は、 英単語、古文単語、古文文法など、 思考力を使わない暗記モノをひたすらやればOKです。

その合間に間違った箇所の復習、苦手な科目の復習をやり、 比率にすると「得意:苦手=7:3」くらいの塩梅で良いでしょう。

この辺の比率とかは自分なりに調整すれば良いですが、 無理をせずに「ちょっと物足りないな」程度で抑えた方が、 長い夏を乗り切ることができます。

刺激的なことを

復習について簡単に書くと以上の通りで、 これで夏は充分なのですが、当時の自分を思い出してみると、 あまり偉そうなことを言えないのも事実です。

ちょっとは「刺激」というか「ダレた時の気晴らし」みたいなものがあった方が、 受験生活にハリが出てきて良いかもしれません。

あくまで健全な一例を挙げてみると、以下のようになります。

  • 過去問を解いてみる:ぶっつけ本番でチャレンジして、勉強の必要性を痛感する。
  • 志望校を見に行く:日帰りで行けるならば行けば良い。宿泊はNG、別に見学せずとも受かるし。
  • 漫画を読む:満喫とか時間制限のある所で読む。 できれば暗いのじゃなくて『キャプテン』みたいなやる気の出るものを読む。

他にも気晴らしは色々あるでしょうが、 まぁ自分がやりたいことをやるのが一番です。

ただ、やりたいなら何をやっても良いとは思うのですが、

  • 群れるのは厳禁。やるなら1人でやれ。
  • 1日で終わらせろ。
  • やった後で後悔するなら最初からやるな。

くらいのことは守りましょう。

これが守れないなら、やりたいこと我慢して勉強を続けた方がマシです。

結論

  • 色々書いたけど、何をやっても受かる奴は受かるし落ちる奴は落ちる。
  • サイト開設時に書いたのと殆ど同じじゃないか。

秋に続く>>

お役立ち記事

能力をアップさせて、現状を打開する 勉強お役立ち記事

メニューに戻る>>