Kindle Fire7衝動買いとAlexa

先日、Amazonでサイバーマンデーセールなるものをやっていて、 「どうせサクラレビューの中華製品ばかりで大したものはないだろう」 と眺めていたのですが、Kindle Fire7が3,000円で売られているのを発見し、

「わぁ!やっすい!ほりだしもんだヮ!」となって衝動買いしてしまいました。

今回はそんなKindle Fire7とそれに内蔵されていたAlexaの話。

画質が悪い

まぁ実際のところはそこまで衝動的に買ったわけではなく、 Kindle Fire8や10も視野に入っていたのですが、

Kindle Fire10は既に持っているし、 何より現行モデルの評判がやけに悪いのでパス、 Kindle Fire8も評判悪いし値段が7の倍なのでパスということで、 消去法でKindle Fire7を買うことになったのでした。

Kindle Fire HD 10を買った時の記事

ちなみに3,000円なので壊れたら壊れたでOK、 ケースや保険は一切無しで本体のみ買いました。

で翌日到着し、ワクワクしながら開封してセットアップしたところ、 画質は粗いわスピーカーはモノラルだわバッテリーの持ちは悪いわガラス面の感触が安っぽいわで、 良いとこナシではありませんか。

安物のKindle Fire7
わぁ!チャチい!安物買いの銭失いだヮ!

「Kindle Fire10の画質そのままで7インチかと思ったら何たることだ、 これでは使い道が無いじゃないか」 「古くなったウォークマンの代わりにしようにもバッテリー持ちが悪すぎる」 「いや、まだ被害額が3,000円で済んでよかった。 現行Ver.はどれもチャチな作りらしいので、 8や10を買っていたらそれこそ後悔したかも」 などと思い、一体どうしようかと考えていたところ、

最新版のKindle FireにはAlexaが内蔵されているとのことで、 Alexaで遊ぶことにしたのです。

カサブランカ

そんなわけでAlexaを呼び出し、 手始めに「気さくな挨拶」をしてみたところ、 反応がないではありませんか。

次にレッドツェッペリンのGoing To Californiaをかけてくれと言ったら、 「ツェペリンはPrime Musicの対象外です。Amazon Music Unlimitedに入会しますか? よろしければハイと答えてください」などと聞いてきたので 「え、何でハイと言わなきゃならないの」と言ったら無理矢理入会させられました。

何か歌えと言ったら珍妙な歌を聞かされるし、 四国で一番高い山は何?が答えられないしで 「こいつアホと違うか」と思っていたところ、 思い付いた質問が「好きな映画は何?」

「これはBTTFやろなあ」などと思いながら質問したところ、 「『市民ケーン』という方が多数でしょうが、 私としては『カサブランカ』が永遠の傑作です」 などと答えたのです。

市民ケーンが映画史に残る傑作だというのは私も重々承知している(手の平返し)けど、 カサブランカは未見で、しかもAlexaはあの市民ケーンより上だと宣うので、 この際だから見ることにしました。

で、見たのですが、これが退屈でまことに面白くない。

フランスが無理矢理占拠していた植民地で繰り広げられる、 ただの出来の悪い、 演出もカメラワークもガバガバなプロパガンダフィルムじゃん、 何でこんなのが市民ケーンと比べられなきゃいけないの? これならプラン9フロムアウタースペースを鑑賞した方がマシだね、 という感想になりました。

なので「おいAlexa、カサブランカつまらんじゃないか」 と文句を言ったところ「よく分かりません」などとシカトされる羽目になり、 ターミネーターや火の鳥未来編のような世界がくるのも まだ先だなと実感させられた次第であります。

まとめ

お金に関する他の記事 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る

ページのトップへ戻る