解説『エイブラハム青本』2019本編13

前回の記事

長かった青本解説ももうすぐ終わりで、 今回でケース32までやってしまいます。

ここまで書いて何ですが、当解説はあくまで私個人の意見であり、 自分で実際に本を読んで自分で実践するのが一番であります。

まぁ、私がこんなこと言っても、 殆どの人間は何かしらの教義や概念、 果てはインチキ引き寄せマスターに依存し、 自分の人生の主導権を握られているから、 結局は何の効果も出ないのですが…

ケース30 ペットが病気で金銭的に困っている

それはともかく、まずはこれ。

ペットは私から放出される波動の影響を少なからず受けている。

私が生命の流れに逆らっていてオールを手放す努力を何もしないでいると、 状況はさらに泥沼化する。 さらに何もしないと、私自身の体調が崩れたり、ペットの体調がおかしくなる。

自分が調和すればペットは自然と良くなっていくし、 そもそも「死」などというものは存在しない。

とある通りで、外部の状況が何であれ、自分が今抵抗していることに気付き、 抵抗を手放して流れに乗りましょうが解決策です。

ケース32 ペットが死んで悲しくてたまらない

順番は変わるけど次はこれ。

ケース9の肉親の死と同じく、悲しくてたまらないのは 「源」とのつながりが切れているからで、それが根本的な原因であります。

なので、「源」との調和を取り戻せば新しい犬との出会いがあったりするのですが、

「死んだ犬が生き返らないと嫌だ!」は他ならなぬ執着で、生命の流れとは真逆であり、 何よりバタリアンみたいなことになるのでNGであります。

※そういやバタリアンについて当サイトで書いていなかった。 まぁ書くほどの内容があるかといえばそうでもないけど。 出だしからして面白いから見たことない人は是非とも見て頂戴。

ケース31 どうしていつもお金が足りない? どうして?

それは「どうしていつもお金が足りないのか」なんて考えているからで、 まずは自分がそう考えていることに気付かなければならない、 というのは以前書いた通り(書いてないかもしれんけど)。

あと、ケース1やケース28の病気のケースと同じく、金に関することも

行動は物質的で目に見えるので分かりやすいが、 エネルギーを整えることに比べたら人生の結果に与える影響は少ない。

内と外で互い違いになったエネルギーの乱れを行動ではカバーできない。

この物質世界で調子の狂ったエネルギーに対処しきれる活動など、存在しない。

とある通りなので、目の前の状況に条件反射するのでなく、 たった今、抵抗を捨てて流れに乗りましょうということです。

そうすりゃ経路はどうであれ、 数千万円程度なら結構簡単に入ってくるのですが、 これは自分で経験しないと分かりません。

以前書いた数千万円の記事

以上、今回はここまで。

次回に続く>>

内面世界の記事 変化を起こして現状を打開する

メニューに戻る

ページのトップへ戻る