日本初のニコラ・テスラ展

Tweet

今回は、GW中の写真データ整理で思い出した、 すっかり忘れていたニコラ・テスラ展に行ったときの話。

1年くらい前、ネットサーフィンをしていたら、 何と!日本初のニコラ・テスラ展が 山口で開かれるというではありませんか。

※ニコラ・テスラが誰なのか、有名すぎるから説明は省く。 デビッド・ボウイの演じるテスラはちょっと似てたと思う。

エジソン展には小学生の頃行ったことあるけどテスラ展なんて行ったことないし、 日本初公開かつ山口だけの限定公開とのことなので俄然行きたくなり、 本州の端っこへ行くのは骨だけど、わざわざ有給をとって行ってまいりました。

ニコラ・テスラ展
パンフとチケット。

※端っこといえば、 本州の西方面は端っこの下関どころか九州にも何度も行っているけど、 東方面は埼玉より先に行ったことない。 まぁ西日本の人間だからね、しょうがないね。 ちなみに東方面で行ってみたいのは出羽三山と恐山。

面白かった(小並感)

で、何で山口開催なのかというと、入口にあった立て看板によると、 今度の東京五輪でセルビアのバレーチームの宿泊地が山口県防府市になるからとか、 防府市を流れる佐波川とセルビアを流れるサヴァ川の名前が似てるからとか、 そんなしょうもない理由。

まぁ、しょうもない理由であっても、 テスラの遺した発明品の実物が日本で見れるということで、 充分堪能してまいりましたので、写真の一部を紹介します。

何とかセンター
会場の何とかセンター外観。田舎町の丘の上にあった。
テスラ像
テスラの像。
展示室
展示室。
コロンブスの卵
磁力で立つ「コロンブスの卵」。スマホで動画を撮影したがここでは静画。
交流モーター
交流モーター。
潜水艦
潜水艦のラジコン。もちろん世界初のシロモノ。
揺れる機械
上に乗って係員さんがスイッチを押すとガタガタ揺れる機械。 乗せてもらったが、本当に揺れるだけ。 「これの何が面白いの」と思ったが、あのマーク・トウェインお気に入りの機械で、 彼は何時間も乗っていたとのこと。
エンジン?
車のエンジンみたいな装置。
置くだけ充電
係員さんの説明。電線を使わない電気の伝達実験(だったと思う)。 スマホ等で使用されているワイヤレス充電の元祖。
テスラコイル
テスラコイル。バチバチという音は凄かったが、安全を考えて出力は絞られていた。 少々怪我人が出てもいいから大迫力の出力Maxにしてほしかった。 あと、少しだけどテスラコイルを使っての演奏もあった。

あとは視聴覚室で「ニコラ・テスラの生涯」みたいな20分程度の映像を見て、 会場を後にしました。

まとめ

内面世界の記事 変化を起こして現状を打開する

メニューに戻る

ページのトップへ戻る