解説『ポケットの中のダイヤモンド』その6

前回の記事

要点を抜き出して色々書いてきた本解説記事も今回でおしまいで、 今回は私なりのまとめ。

はじめに結論を書いておくと「たった今、思考では分からない『語り得ぬもの』に委ねろ」 ということなのですが、

「その『語り得ぬもの』とは何だ?」と言われても、 文字通り「語ることはできない」ので、ダイレクトに「これ」とは言えないし、

委ねた結果どうなるかは、前回書いた通り「知らん!」となります。

まとめ

そんなわけで、これまでのまとめというか実践方法を箇条書きで挙げていくと、

こんな感じになるのですが、ここまできても 「『語り得ぬもの』『静寂』『意識』が何のことか分からない」なんて人もいるでしょう。

それは当然のことで、「語り得ぬもの」「静寂」「無」なんていうものは 思考では理解できない、つまりエゴに理解なんてできるわけないのであります。

なので、分かったフリや理解したフリなどせず (そんなフリをしても何にもならない。せいぜいインチキセミナーの講師になれるくらい)、 「サッパリ分かりません」と本当のことを言えばよいし、

「分からない」と思っているのは誰か、 その「分からない」という思考に気付いているのは誰か、 その思考が湧いてくる源は何か、それにゆだねればよいわけです。

注意点

最後に注意点のようなものを。

上の「何が何だかサッパリ分からない」に加えて、 「止める」ことができない「委ねる」ことができないからといって、

「何で分からないんだ」「何でできないんだ」「俺はダメな奴だ」 とかいって自分を責めると泥沼化します。

なので、自分を責めるのでなく(責めたら責めたでしょうがないけど)、 自分を責めていること自体がマインドの動き、つまりエゴの仕業だと気付きましょう。

以上、今回の簡単な解説記事はここまで。

気が向いたらもう少し読み込んでからまた書くかも。

内面世界の記事 変化を起こして現状を打開する

メニューに戻る

ページのトップへ戻る