解説『悟りを生きる』その2

Tweet

前回の記事

悟りを生きる ? 非二元へのシンプルなガイド ?(覚醒ブックス)

悟りを生きる

今回から『悟りを生きる』の内容について書いてまいります。

ただ、前回書いたようにザッと一通り読んだだけだし、 『ニューアース』のように何度も読み返して詳細に書く気もないので、 適当に概要および所見を書いてまいります。

詳細を知りたい人は自分で買って読んで頂戴。

3000〜5000円に高騰しているし、 日本語訳があまりよろしくないけど。

まえがき前編

まずは前書きについてで、色々大層なことが書かれております。

最初は「本書を読むとどうなるか?」についてで、簡単にまとめると、

とあり、最後のとこにある 「慣習的現実」って一体何だよと思ってしまうのであります。

※「慣習的に存在するとは何らかの関連性を云々…」と書いてあるが、 どうせcustomeryかconventionalを「慣習的」と訳したのだろう、 「従来どおりの現実」とか訳せばいいのに、と思ってしまった。

それはともかく、書いてあることはニューアースと一緒だな!

まえがき後編

次に、本書で何度も出てくる重要な3つのことについてで、 これは前回書いた通り。

といった、初心者が読んだら、

「よ〜し!気付きを認識するぞ!」 「現れている物事全てをあるがままにするぞ!」 「全て別々に存在していないことを見抜くぞ!」

とカン違いし、 スプーン曲げの練習の如くウンウンやってしまい、 結局何の効果もなし、という素晴らしい代物でございます。

※「なろうと思ってもなれない、やろうと思ってもできないのは当然。 思考の檻から抜け出すことで自然とそうなる」 というのは、これまで散々書いてきた通り。

他には、

みたいなことが書いてあり、これもやろうと思ってもできることでないし、 そもそも頭で理解したからといってどうなるものでもありません。

以上、あんまりやる気がないけど、今回はここまで。

次回から本題に入っていきますが、 ホンマにニューアースと同じなので適当に流していきます。

次回に続く>>

内面世界の記事 変化を起こして現状を打開する

メニューに戻る

ページのトップへ戻る