紹介記事『ガンガジとの対話』その1

Tweet

最近は変な記事ばかり書いてきたので、 今回から、当サイト初期より私が言及し絶賛してきた 『ガンガジとの対話(以下「本サイト」)』というサイトについて、 今更ながら書いてまいります。

ガンガジとの対話:http://gangaji.jugem.jp/

書きたいことは既に『ポケットの中のダイヤモンド』の解説記事 で大体の要点を書いているし、 このような素晴らしいサイトに対して私ごときが解説などとは大変おこがましいので、 紹介文というか個人的意見みたいなものを書いてまいります。

私としては、こんな下らない感想文など書かずとも、 読めばすぐ分かるだろうと考えているのですが、 引き寄せとかにハマっていた時期に読んでもサッパリだっただろうし、 まぁ念のため書いてまいります。

今回は簡単に流します。

概要

まずは本サイトの概要から。

本サイトは全63話(多分)から成っており、 その大半が相談者との対話形式となっております。

その対話も、ガンで余命幾許もないといったものから、 瞑想しなければいけないのにテレビを見たいといった下らないものまで色々あり、 そのどれもが人間対人間の「生きた会話」だということ。

※本サイトに比べれば、『神との対話』や『夢をかなえるソウ』や 『ヘルメスジャンプのそれは在る』なんて酔っぱらいの猥談レベル。 まぁ比較する必要なんてないけど。

これが本サイトが素晴らしい理由の一つで、 想像力を働かせて当事者として読めば何かを感じ取ることになるでしょう。 (逆に言えば、他人事としてボヤッと読んでいたらただの会話文で、 「そりゃ良かったね」「いい話でした」で終わることとなる)

肝心の内容としては『ポケットの中のダイヤモンド』と大体同じで、

といったようになっており、分かる人にはすぐ分かる内容であります (「分からないままでいなさい」と書いてあるけど)。

読み方

では、本サイトの読み方についてですが、 一度全体をザッと眺めてみて、気に入ったのを読めばよいと思います。 私も「これは」と感じたものをチョイスして、 折に触れて何度も読み返しております。

ただ、「これは」と感じるものは時間経過によって変化するので、 たまに全体をザッと眺め直すのが良いでしょう。

で、一番肝心なのは、どのエピソードでもそうですが、 「当事者として読むこと」これに尽きます。

「オレは相談者じゃないから当事者として読めない」 という意見も分からなくもないですが、 そこは想像力をフルに働かせましょう。

※子供の頃から色んな本を読んでりゃ想像力を働かすことくらい 造作もないことだと思うし、大学入試等の様々なシーンで必要な能力だと思うのだが… ろくに本とか読んだことのない人間は、知らん!

以上、簡単だけど今回はここまで。

次回からは本サイトの実際の内容を引用しながら、紹介というか 私見を述べていきます。

「お前の私見なんかいらん」 という人は本文を読めばよいだけの話なのでそうしてください。

次回に続く>>

内面世界の記事 変化を起こして現状を打開する

メニューに戻る

ページのトップへ戻る