解説『ニューアース』9前編

前回

第9章 人生の目的は「何をするか」ではなく「何者であるか」

この解説も残すところあと2章となりました。

P.282からの問答がこの章のメインになっているので、 9章が『ニューアース』の中で一番読みやすいのではないでしょうか。

一義的な目的と二義的な目的

いきなり初めて聞くような名称が出てきますが、 簡単にまとめるとこんな感じです。

A.一義的な目的

何者であるかという「存在」。 「大いなる力」「神」「宇宙」などといったものと結びついているか。 エゴ(思考、時間、同一化etc.)と意識の間に距離を置き、 気付きによって「今に在る」状態か。

B.二義的な目的(二の次)

行動を主とした外部の目的。いわゆる「努力」。 行為の中にエゴの無い意識が注がれていれば、 その行為自体が「成功」である。 金や地位といった世間でいう成功とは、「成功」の副産物みたいなもの。

よって、目覚め(意識の変化)により、大いなる意識等と結びつき、 一義的な目的をクリア?すれば、行動にも変化が起きるようになります。

今まで散々書いてきたとおり、目覚めるためには気付きが必要ですが、 その気付きに必要なのが、あなたの周囲の人、モノ、出来事なのです。

それらを通して、あなたは自分の中にある、目覚めを邪魔するエゴの 存在に気付き、目覚めのプロセスが始まるのです。 いわば、あなたの周囲の人モノ出来事すべてが、 目覚めるための「恩寵」であるのです。

次回はP.282からの問答について書いていきます。

次回に続く>>

内面世界の記事 変化を起こして現状を打開する

メニューに戻る

ページのトップへ戻る