実際にやってみよう うねり取り入門その5

Tweet

前回の記事

今回は前回の続きみたいなもんで、 実際にどうやって買っていくのかについて書いていきます。

しつこいようですが、今回書くことは別に守らなくても良いので、

全部失っても死なない金額でおこなう

これだけを厳守していれば、 2chのFXコピペや三宮損得先生のようなことにはなりません。

目標値まで下がったらまず1本

まずはじめに、 「自分がマークしていた株が目標値まで値下がりしたら1本買ってみる」 をやってみましよう。

ここからは例として7269を挙げますが、 以前書いた通り、買いスタートと売りの目標値はそれぞれ

で、2020.3.23の終値が2500円、底値が2470円だったので、 7269で儲けて隼でも買おうと思っている人は、まずは1本買えたわけです。

※ザラ場に張り付いて目押しで買うか、予め2500円の指値注文を出しておくか、 この辺りは好きな方をすればよい。私は専ら後者だが。

で、値が下がるのに合わせて「買い増し」をしていくのですが、 何円になったら買うのか、スケジュールは予め立てておきましょう。

買取スケジュール
買い増しスケジュールの例。何円まで下がったら何本買うかの「値段」と「買い本数」 は自由に立てればよいが、値段の間隔はなるべく空けておいた方が良い。

こんな感じでスケジュールを立て、 スケジュール通りに10本全部を購入することができれば、

売り目標値の6000で売った場合、何と350万円超の利益となり、 隼を買っても十分お釣りがくるのであります。 (まぁ利益の2割は税金で持っていかれるのだが…)

待つのも相場

このように上手くいけば、隼だけでなく、 ついでにカタナも買えるような利益になるわけですが、

逆に、2500円で一本入れた後、 値段が下がらずに上がっていったらどうするか。

そういう場合、たとえば3000円くらいになって もう下がらないかなといった場合は、 さっさと売ってまた2500円になるのを待ちましょう。

「500×100でたった5万円の利益じゃないか」と思うかもしれませんが、 5万円でも利益が出たのだから、オケラになるよか大分マシでしょう。

また、「一体いつまで待てばいいんだ」「これじゃ隼買えない」 とも思うかもしれませんが、

相場なんて待つ方が断然多いし、待つのも相場のうちだし、 そんなに欲しいものがあるなら、 株でなく他の手段で金を稼げば良いだけの話じゃないですか。

以上、今回のまとめとしては

ということになります。

次回も買い下がり等について書きます。

次回に続く>>

お金に関する他の記事 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る

ページのトップへ戻る