映画感想文『きっとうまくいく』

Tweet

今回はインド映画『きっと、うまくいく(原題:3idiots)』についての感想。

私がこれまで見たことあるインド映画は『ムトゥ踊るマハラジャ』と 『スラムドッグミリオネア(インド映画?)』の2本だけなのですが、

踊るマハラジャは酒を大量に飲みながら見ていたので途中で寝てしまい、 スラムドッグミリオネアは全体的に暗いので好きになれず、 「インドへ行けば俺もミリオネアなんだな」という感想くらいしか出てこなくて、 インド映画とは相性が良くなかったのでありました。

感想

そんなわけで、アマプラ入会時からおすすめ上位に出ていた本作についても、 パッケージデザインからして駄作の雰囲気が漂っていたので 「どうせ面白くないだろう」と敬遠しており、 試しにちょっと再生してみたら「ヒンディー語分かんね」「3時間!?長い!!」となり、 すぐに閉じてそれっきりとなっておりました。

きっとうまくいく
どう見ても駄作としか思えないパッケージ。

しかし何度も上位に出てくるので、ついに我慢の限界がきて 「そんなにしつこく勧めるなら見てやろうじゃないか」となり、 もし面白くなかった場合、私の嫌いな『ダークナイ卜』や『グッドウィノレハンティング』 や『力メラを止めるな』等と同様、 クソミソに書けば良いだけなので、この度見る運びとなったのでありました。 (上記クソ映画が嫌いな理由は以前書いた通り。 LOTRも嫌いだが、最初の30分で切ってそれっきりなので色々書けない)

で、観た感想ですが、

  • 非常に面白かった!!素晴らしい!!
  • ストーリーも音楽も素晴らしい!!
  • 「私的長い映画ランキング」で『アラビアのロレンス』よりも上位にランクインした (もちろんトップは『ベンハー』と『七人の侍』で、ゴッドファーザーとかが続く)。
  • 何でこんな傑作を何年もスルーしていたのか、馬鹿な自分が嫌になる。
  • という結果となりました。

    「ランチョーが聖人君子すぎる」「オチが予想できた」 「姿を隠していた明確な理由を最後までランチョーが喋らなかった」 「All is Wellって『きっとうまくいく』じゃなくて『(今の)全てが申し分ない』って意味じゃないの。 うまくいくだとAll is gonna be wellとかじゃないの」

    とか思ったものの、 それを補って余りある勢いと、これでもかと詰め込まれた怒涛のエピソードで、 3時間があっという間に過ぎたのでありました。

    ※ついでに『バーフバリ』も見たが、こちらも面白かった。 本作の方が面白いし、何より1と2両方見なきゃいけないので長いけど。 でも勢いだけはメチャクチャで、 まるで『少林サッカー』を見ているようで素晴らしかった。

    ともかく、やっぱ脚本や演出が良ければどこの国の映画だろうが面白いわ。

    これぞ映画、これぞエンターテイメントだな!!!!!!

    インドに行きたし下痢は怖し

    というわけで大変満足した本作ですが、本作を見る前に

    といったインドの諸事情を知っていたことも、 本作を面白く感じた一因かもしれません。 (丁度ベトナム帰還兵がどんな目に遭っていたかを知らないと、 ランボーの1作目が意味不明になるのと同じかも)

    あと、劇中の会話がヒンディー語だけかと思っていたけど、 実際に聞いてみたらヒンディー語と英語のミックスで、

    鑑賞後にヒングリッシュについて少々調べてみたら、 motherを「マザル」、darkを「ダルク」等、rをルで発音するのは知ってたけど、 I am knowingとかI am havingとかインド人は平気で使うとのことで、

    インド人の英語に対する自由奔放さを改めて思い知らされ、 「日本人もDon't mindやnighterやI am hamburgerでええんや!」 と確信させていただきました。

    このように? 海外に一度も出たことのない私としては是非ともインドに行ってみたく、

    せめてルンビニー(ネパールだけど)、ブッダガヤ、 サールナート、クシナガラの四聖地と バラナシとジャイプールとタージマハルとエローラ くらいは訪問したいと常々考えております。

    ただ、大問題が一つあり、 私は腹を壊しやすいタイプだということ。

    そのクセ食い意地は張っているので、 インドに行ったら何が起きるか、 火を見るより明らかではないですか!

    たとえ1週間分のカロリーメイトを持参して「三食ずっとこれで凌ぐぞ!」 「食の誘惑なんかに絶対負けたりしない!」と決意しても、 そんな決意は2日もしないうちに吹き飛び、

    もう辛抱たまらず屋台でクルフィ(インドのアイス)を食べたら

    あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!! (ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!!)

    となり、最早観光どころではなくなるではありませんか。 (下手をするとそのままお釈迦様と同じ死に方をするかも。 それはそれでロマンチックだが)

    まぁ、酒を飲んでいた頃はSULAというインドのワインを好んで飲んでいたし、 インド産のレトルトカレーを食べても腹を壊したことないし、 「インドの食事=下痢」ということはないとは思うのですが、

    いざ長距離バスの中で上記のような事態になったらマジで洒落にならないし、 「海外 長距離移動 漏らした」とかで調べると、 そういう恐怖体験をされた方も少なからずいるようなので、 現在はガイドブックやらYouTubeやらで我慢している次第です。 (あと期待度が高すぎて実際行ったら奈落の底に落とされるのも嫌かも)

    何にせよ、問題は語学力でも金でもなく、 本当にこの腹具合だけなので、 真剣に行きたいと思ったらそのうち行くでしょう。

    以上、今回はここまで。

    (気が向いたら)次回は少し真面目な話に続く>>

    内面世界の記事 変化を起こして現状を打開する

    メニューに戻る

    ページのトップへ戻る