ニューアース

呼吸

ニューアースに出てくる呼吸について

解説『ニューアース』2017

これまで色々と解説してきて、 今では当サイトの目玉となってしまったニューアースですが、

そんなニューアースの中で私が気になっていたことの一つに、 8章にある呼吸について、 「呼吸を観察せよ」「強迫的依存が出た場合は呼吸をせよ」 なんてものがあります。

以前も、「呼吸を意識するには”数息観”をやれば良い」とかいう記事 (その記事)を書きましたが、

今回もその「呼吸」についてちょっと書きたくなったので、 改めて書いてまいります。

呼吸に勝る快楽なし

そんなに大層なことでもないので大々的には書いておりませんが、 あれほどのめり込んでいた酒やタバコをやめたことは今までに ちょくちょく書いてきた通りです。

それに加え、最近では気功やヨガの真似事なんて始め、 そのおかげで普段の呼吸が深くなりました。

どれくらい深くなったかというと、今までショットグラス程度の呼吸だったのが ビールジョッキになったくらい。

※「始めた」といっても、別に教室や道場に通うのでなく、 本読んだりDVDを見たりして猿真似をしている程度。 ただ、猿真似でも続けてみれば「今」を感じることが多くなり、 この前は通勤中に歩いているだけで、上手く言葉では表現できないが、「今、ただ歩くことと意識が一体化する」というか「”今”や”宇宙”と一体化して、ただ歩いている」という感覚になるので、私が必要としていたのは、最早小難しい理論が書かれた本ではなく、 こういう身体を動かす実践だったのだろう。 他にも凄い効果が出たら記事にしようと企んでいる。

こんな感じで、普段の呼吸が深くなり感覚が変化してきたので、 意識的に呼吸をする場合は尚更であり、

気分を落ち着けたいときや 「酒やタバコを飲みたい」と思ったときなどに意識的に深呼吸をすると、 「今」のようなものを感じることができ、とても気持ち良いのです。

どれくらいの気持ち良さかというと、 丁度、半日くらいタバコを吸わなかった後に吸う一服目くらいで、

「たかが呼吸(ちっとも「たかが」じゃないが)でこんなに気分が良くなるものなのか!」とビックリするとともに、

「ああ、ニューアース8章に書かれていたことは本当だったんだなあ」 と実感する日々を過ごしているのでした。

でも、酒やタバコも気持ちE!

ただし、ここで私が言いたいのは、 「呼吸最高!みんなも酒やタバコをやめて気功やヨガの真似事をしよう」 ではないことくらい、賢明な読者の方ならお分かりでしょう。

私が言いたいのは、たまたま呼吸が私に合っていただけで、 酒やタバコ飲んで気分が良くなる人(実際、私も気分良くなっていた)は、 そのまま酒やタバコを続ければよろしいということで、

要するに「確かに呼吸は良いが、そんなの人それぞれ」 「私なぞが人様にあれこれ指図する筋合いはない」 「そもそもニューアース的にいえば、酒やタバコも確かに”存在”しているわけだから、それはそれでOK」 ということであります。

あと、著者のエックハルト・トール氏は、 ニューアースや他の本において「酔いと二日酔いのアップダウンがどうのこうの」 と書かれていますが、

「この人、ジョニ黒やワイルドターキーを一晩で一本空けたり、 晩酌は毎日ウィスキー半瓶だった経験とかあるのかね。 それくらいやってから酒についてアレコレ書いてほしいよなぁ」

と、酒飲んでいた頃は思っていたし、今でもそう思っております。 (まぁ、何かについて書くにはそれを経験しなきゃいけない、という道理もないけど。 それだと誰も「死」について書けなくなっちゃうよ)

以上、グダグダになってきたけれど、まとめとしては

  • 呼吸をある程度極めれば気持ち良くて、酒やタバコは不要になる。
  • ただ、わざわざ酒やタバコを止める必要も無い。
  • やめたい人はタイミング次第で無理なく自然に止められるので、無理することはない。
  • 私的にはどっちが上ということはなく、好きな方をやれば良いと思う。 金や手間がかからないのは呼吸なので、セコい私は呼吸を選ぶが。
  • ニューアースの著者は、 酒やタバコの気持ち良さやそれにハマる人々の心情が分かってなさそう。
  • やっぱり何でもそうだが、他人の意見や書かれていることを鵜呑みにするのでなく、 自分なりに考え体験するのが一番である。

ということでございました。

お役立ち記事

内面世界で効果あったもの 能力をアップさせて、現状を打開する 転職お役立ち記事

メニューに戻る>>