第10章 A New Earth

前回の記事

各章の1節ごとに解説してきた今回の解説記事も、 ついにこの10章を残すのみとなりました。

書こうと決めた当初は「本当に全部書けるのかね」 「ペインボディ辺りで更新ストップするかも」 などと思っておりましたが、

いざ書き始めると結構スラスラと書くことができ、 「自分が今やることを一つ一つやってきたら自然とここまできた」 というのが正直なところであります。

これはニートから抜け出して東大合格したとき、 ブラック企業から抜け出して何千万円貯まったときも全く同じです。多分。

こんな感じで、 たった今やることをやっていけば結果なんて後からついてくるし、 死ぬときがきたら自然と死んでいくものなのでしょう。

10章一節 形ではないもの

まず日本語版オリジナルのサブタイが付いた第一節ですが、 このサブタイ「形ではないもの」とは「意識」や「思考、マインドの理解を超えたもの」 と同義です。

その「思考やマインドの理解を超えたもの」とは何かというと、

当節にある、宇宙をはじめとする「誕生→拡大→収縮→死」というサイクルがなぜあるのか、 何で宇宙は誕生したのかということであり、

という宇宙の目的、特に内なる目的であったりするのですが、

このような記述も言葉、つまりは思考でもって断片化されているので、 絶対的な真実ではないというのは当節にある通り。

要するに当節は何が言いたいのかというと、

という、4章二十節と似てなくもないことです。

あと、「人間のマインドには理解できないところから見れば、全ては今この瞬間に起きている」 という記述については、

「五劫の擦り切れ」や「ヴィシュヌの瞬き」といったものも、 人間のマインドが「長い」と考えるから長いのであって、 「たった今起きている」が真実なのですが、 こんなの次元を超越しないと実感できないことでしょうから、別に理解できなくていいです。

※当節等に出てくる「進化のプロセス」についても、「たった今」起きていることに注意!

さらに、日の出日没は「相対的な真実」ではあるが、 人間はその「相対的真実」に心を打たれ、 詩や絵画でもって表現するというのは書かれている通りで、

これは日の出日没に限らず、 「人生」や「人間ドラマ」といったものでも全く同様なのは、 日々生きていれば分かることです。

※『シッダールタ』のラストで「ゴータマがどうして愛を知らないことがあるだろう!」 という台詞があったが、ニュアンス的にあれと同じ。

10章二節 あなたの生命の短い歴史 A Brief History of Your Life

続いて書かれているのは、「私の人生」という相対的な真実についてで、 箇条書きにまとめると以下の通り。

このように、いずれ回帰の動きが始まり、いずれは元の場所に戻っていくのですが、 まだ若い人にはピンとこないだろうし、

既に回帰の動きが始まっている人でも、 回帰の動きを「無かったこと」にしようと無駄な悪あがきをし、 苦しみの上塗りをしていることでしょう。

ともかく、その回帰の動きの詳細については、次の第三節のお話。

今回はここまで。

次回に続く>>

内面世界の記事 変化を起こして現状を打開する

メニューに戻る

ページのトップへ戻る